トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

カテゴリ: 日記

お疲れ様です。
今日はモデルS125(通称ハマー)の整備の模様です。

回転に合わせて点火時期が変化出来ない完全固定の
ポイント点火と格闘中!
夜ライト付けて試乗に行こうとした所
イヤーな感じでぐずり出しました(涙)
かぼそいライトがさらにかぼそくそれと共にE/Gもプスプスプスと。。
27bb0f86.jpg

はい。

発電不良です。

モデルSの発電機は点火システム 発電システムが
ハウジング内に組まれています。
んでその中に4個のフィールドコイルがありさらにその内側に
アーマーチャがクランクシャフトにキーで保持されてます。
E/Gの回転を利用してダイレクトに発電するって構造です。
この子はハーレーでも2サイクルモデルなんでカムシャフトも
無ければキノコ状のバルブもありません。
なんでこんなシンプルな構造になるんですね。
ちなみにブラシは4個あり2つはアースで残りはINとAUTです。
とまああんまり興味をもたれないモデルSの発電機の構造は
その辺で。

って訳でややっこし度ワースト3に入るジェネレーターの修理の
模様です。
a75503cb.jpg

さっそく点検してみますと充電されているどころか逆に回転上げるとわずかですが
電圧が減っていきます。
電圧が減る原因の一つにアーマチャとフィールドコイルのリーク
ってのがあります。
ここがリークすると発電どころか電気が吸い取られてしまう事があるんすよ(涙)
24e5f17f.jpg

早速測定してみた所、結構結構!振ってます。
良いのか悪いのか分りませんが旋盤チャックの芯出しの用に
地道に背中曲げてコツコツ同ハンマーでやってると以外に芯出ました。
3b66982c.jpg

念の為、光明丹チェックしました。
まあ100分代であたる程クリアランス狭くないですがね。。
マニュアルでは0.3ミリでした。
早速組み込んで測定した所結果は変わりなしです(涙)

次に考えられるのはブラシの摩耗ですかね?
b30e72c6.jpg

って訳でアメリカのマニヤな人が持ってました。
通常のハーレーのパーツと違い直接アメリカに注文しないといけないので
こんな小さなパーツでも一々時間かかります(汗)

見つかるだけましですが。。

って訳でまたまた測定!

やりました!!

充電圧マイナスは無くなりました。

が発電しません(W汗)
アンメーターで測定0.1A!
ボルテージにすると約3000回転で0.05V(涙)
発電ゼロに等しいです(W涙)
72677020.jpg

充電系 点火系だけ配線引いて点検。
オルタネーターと違いジェネレーターは色々とややこしくて
他の電気系のわずかなショートでも発電に影響出すことがあります。
まあ関係無かったですが。。

んで他を測定。

フィールドコイル抵抗2.9Ω。

何か少ないよううな気もするけど?。

テスタ上ではリーク無し。

何分珍しい車種です。

頭の中で色んな事が転々と。。。

でも直流発電機って事は同じなんで。

何か自分に言い聞かせてるみたい(笑い)
467ba00a.jpg

レギュが動かなければジュネも発電しないし。

カットアウトE/Gかけながら直断してみたり。。

容易に入手できるパーツはは無駄に交換してみたり。。。

部品一つ一つのお仕事を改めて深く勉強し直しててみたり。。。。

当然この構造なんでモータリングテストもできませんし。。。。。。

まあ良くあることですが段々頭がパニックになって来ました(汗)

421ce096.jpg

残されるところはここしか無いみたいです。。

アーマチャ!!
これがリークすれば当然発電しません。

このアーマチャはこれまた面倒で専用のグローワーテスタじゃないと点検ができません。
普通のテスタではリークが確認できないんですよ!
074a4f0f.jpg

当然うちにはありませんのでマニュアルの写真で!
んでここがリークしますとコイルまき直しをしないといけませんがこれまた
日本では数えるぐらいしかやってくれる電装屋さん無いです。

ハーレー程リプロパーツの少ない英車屋さんやイタ車屋さんはイギリスに
送ってまき直しするって事も結構聞きます!

何とか日本でもやってくれる所ありますので
早速送ってまずはグローワーテストです。
0f6d8b5f.jpg

ちなみにコレアーマチャプーラーです。
これもアメリカのマニアな方が持ってました。
be68ebc5.jpg

写真撮り忘れたのでまたまたマニュアルの写真で。
これの原理はアーマーチャにリムーブ用のネジがあり
その奥のクランクシャフトがどん付きになり。。。

もういいっすね。

誰もやらないでしょうがやれば分ります(笑い)

って訳で早速点検結果が来ました。

予想道りアーマーチャが内リーク状態(涙)

しかも最悪な事に先端のコンミテーター(ブラシがあたる所)も
リークして使えないとの事です(W汗)
このコンミテーターはもっと厄介で昔から修理不可って
言われています。

真面目にお手上げです(涙)

電装屋さんにも色々部品の入手が困難な事など話して相談したと所

なんとなんと電装屋さんが横の繋がりでコンミテーターを
特注で製作してくれる工場(おそらくモーターなどのメーカ?)
探してくれて修理可能って返事が!!
0a249e0f.jpg

ジャジャ―ン!

見てください。

この黄金に輝くアーマチャ(笑い)

今日はこれをつまみに一杯飲みましょう?!

コンミテーター作れたんですよ!

コイルのまき直しも素敵!!

絶縁なんて凄く美味しそうじゃないですか~(笑い)

本当感謝です。

トッポジョージはかなりテンション上がってますが
何分地味~な部品なんで誰に話しても反応が鈍いのが
不満ですが。。。

ちなみにフィールドコイル!抵抗値以外で
もっと分りやすい点検方法も電装屋さんに教えてもらいました。

何か嬉しくてこんな長~いブログになってしまい
すみません。
最後は組んで測定してみないと分らないこの手の
修理のおきてなんで。

こんな時はいつも以上にドキドキしますがE/Gかけて測定しました所
無事に回転上げて1V位発電してレギュレートされてます(パチパチ)

それにしてもこの車両でこんなにジェネレーターの事
勉強になるとは思いませんでした(笑い)

こちらも感謝です。

こんな地味~な長~いブログ最後まで読んでくれた方有難う御座います。
ではではみなさん6V 12V問わずジェネレーターの修理お待ちしていま~す。
d9dded52.jpg

ライト眩しい!

ちょっとだけパワーUPしたトッポジョージでした。





またまたご無沙汰しております。
何か初めの挨拶の定番になって来ました(涙)
沢山お伝えしたい事はあるのですが。。。

っ訳で前回港に引き上げに行ったハーレーの紹介です。
59e867a5.jpg

1978 XLH1000 75TH ANNIVERSARY
75周年記念モデルです。
この子はジョージアからやって来ました。
良い所ですね(笑い)
a144f070.jpg


a7a828c5.jpg

ゴールドは75周年記念の証!
状態もかなりGOODでオリジナル度も高いです。
ca2c361f.jpg

車両の状態も良いですがこの綺麗なバタフライもケイヒン好きには
よだれが出ます(笑い)
4a164989.jpg

んでんで距離約4700MIの低走行な上にワンオーナー車両です。
しかも放置車両ではないので簡単な整備ですぐにE/Gかかりました。
前オーナーがいかに大事にして来たかが分ります。
Gタンク内もしっかりコーティングされていました(嬉)

当然ノーレストアなんで安心度◎!
ノーレストア車両の魅力は前にもお話しましたがメーカー以外に誰も
さわっていないE/Gってのもかなり魅力ですね。
ある意味本当のショベルに乗れるかもですよ??

色んな旧車を見てきていますがやはりメーカーはしっかり組んでいます。
無駄にE/Gなど開ける必要のない車両ですね。

っ訳で本日点検がてら臨バンとって実走で新規登録行って来ました。
もちろん往復約100kMの道中トラブル無しでしたよ。

74544bb4.jpg

んでこれがいじり壊されたアイアンの部品(汗)
本来カムカバー内の保持はブッシュなのですが何故かニードルに打ち替えられています。
写真を良く見れば分るでしょうが2番カムとピニオンは恐らく純正ブッシュでしっかり
クリアランス確保されてる上芯も出ています。

元々ケース側はニードルで遊びを取りカバー側はブッシュで
クリアランを詰めています。
(EVO以降からはケース側共にブッシュになりよりシビアになりましたが)

これではカムが踊ってしまいます(涙)。

かなり愚痴っぽくなりましたがカムカバーいじられると
本当に後々の修理に悩まされます。

これを治すには賭けで程度の良い純正カバー探して試してみるか
クランクを割ってライン出しをするしかないいんですよ(汗)
かなりの大工事になります。

て訳でみなさんカムカバーは大事にしましょう(笑い)

c840158e.jpg

んでアイアン繋がりって事でトルコロイド式オイルポンプのO/Hの模様です。
77年からアイアンは現行車と同じようにトルコロイド式に変わり
かなり油圧が上がりましたね。
2b792eee.jpg

オイルポンプボディーとローターの隙間で油圧が左右されます。
(それまでのギヤ式も同じ事ですが)
2beacf6c.jpg

マニュアルにもそこのクリアランスを細かく指定しています。
広い場合はこのように定盤研磨して整えてます。
これまた地味な作業ですがこれで丈夫な心臓?が出来るのならGOODです。
83730378.jpg


話はいきなり修理ネタになっちゃいましたがとても安心出来るアイアンスポーツのご紹介でした。

今月中旬これまた綺麗なEVOダイナが入国予定ですので届きましたら
またご紹介しまーす。

いや~それにしれもこの年代のアイアンスポーツは本当良い走りします。
では。

最近すっかり秋っぽくなって過ごしやすく
なって来ましたね。
注文していましたハーレーが港に到着したとの事で
一昨日の水曜東京に引き上げに行って来ました。
140910_1125~020001.jpg
やはりハーレー沢山入ってましたよ。
140910_1147~020001.jpg
んでトッポジョージのお目当てはこれ!
この車両もかなり興味深い車両なんで楽しみです。

詳細はまた後日ご紹介しまーす。

最近は陸送をお願いしてお店まで運んでもらう事が
多かったですがたまに港に引き上げに行くのも良いですね。
何でか判らないですが港ってテンション上がります(笑い)

追加業務連絡
来週月曜(15日)~水曜(17日)までお店を
お休みします。
妻の実家(東北)に行く予定が出来まして。。
急な連絡ですみませんが宜しくお願い致します。

またまたご無沙汰です。
この暑さでついにパソコンダウンしました。
もともとパソコンにはそれほど依存?していませんが
やはり使えないと困りますね。
ef1955ea.jpg


32d03659.jpg

って訳で新しくなりました。
当然ですが動き超早いです。

って事でブログ更新します。
今回はイベント情報!
9月7日(日)にお台場でやるモーターサイクルスワップミート
参加する事になりました。
http://www.mooneyes.co.jp/msm2014/
それに従い9月7日はお店はお休みします。
まだ全然準備していませんが掘り出し物あるかも?!です。

ではではお台場でお待ちしておりまーす。

もう2月ですね。
すみません。。
今年最初の作業ネタ!
s-画像 003.jpg
1948 MODEL S!
市役所のおばちゃんに合格貰って
無事ナンバー取得しました(笑い)
って事で早速調整開始ですが。。。
エンジンはかかるけど超ー遅いです(汗)
最高速度30キロって感じです(涙)
スロットル開けるとエンストの様な症状も出ます。
125ccなんでもう少し出して良いはず(笑い)

しかもしかもブレーキ全然効かないです。。。。
時速30キロでも走ってて怖いです。
s-画像 003.jpg
って訳で分解して整備開始です。
進角も何もない点火時期超微妙です。
2サイクルは遅角も必要ですね。
元々はポイントの所にタイミングマークがあるみたいですが
消えて全く見えません。
色々測って点火時期決めましたが走ると上手くないので
走りながら調整するしかないみたいです。
s-画像 006.jpg
この小ちゃいティロットソンもオーバーホールします。
このキャブは少し後の年式の物です。
s-画像 010.jpg
んでコレがフロート
s-画像 013.jpg
こんな感じで合わせます。
s-画像 002.jpg
んで中々厄介だったのがコレ!
6VシングルタワーIGコイル。
リークしかけだったみたい(涙)
たまにガス欠みたいな症状はこれも原因だったかもですね。
よーく聞くとコイル側でもパチパチいってました。
純正コイルなんでしょうか?
おそらく絶縁油だと思いますが揺さぶると液体の音がします。
話は聞いた事ありましたが実物見るのは初めてです。

この部品はトッパーから調達。
ごめんね。

この部品は時間は掛りますがアメリカではわりと容易に入手できますので
注文しときましょう。
容易ではない部品は未だに見つかりませんが(涙)
まあトッパーの話は止めときます。
1bc2d99c.jpg


8d1fec84.jpg

どんなクラッチが入っているか興味津々!
こうなったら趣味の世界です。
部品何もかもが小さくて超可愛いです。

これじゃな~って構造だったんでチョコチョコ対策して!
滑るし切れないしって訳の解らない状態でした(涙)
0677376f.jpg

ちなみにT/Mオイルはコレを使用しました。
スペクトロの100%科学合成油のプライマリーオイル!
初めはメーカー指定に近い2サイクル用オイルを使いましたが
こっちの方が調子良いみたいです。
普段は普通のハーレーの湿式クラッチに仕様しています。
鉱物油よりクラッチのタッチが抜群に良いのでお勧めです。
50e7f818.jpg

通称ハマータンク!
混合給油でなんで錆びるんだよ!
サビ取り&内部コーティングしました。
キーシリンダーが内蔵されて手が込んでます!
f31b6330.jpg

ちなみにこれが2サイクルレーシングE/Gオイル!!
省煙効果はあまりないですがその分E/G内部には良いです。
カーボンの溜まりが違うと思います。
5d381cdc.jpg

これもダメでしたので交換しました。
これはリプロ品があるので部品探し簡単です。

でもトッパーのコックは~
もういいっすね。
s-画像 003.jpg
って訳でようやくスーパーに買い物に行ける位になりました(笑)
最高速度40マイルって感じです。
回転に応じて点火時期変更出来ないので微妙ですが高速仕様に
調整すればもう少し伸びると思います。
がトルクがた落ちなんでちょうど良い所を探して調整しました(汗)

ちなみにブレーキも超良い感じにできました(パチパチ)
こんな所にも純正ドラムの良さが解ります。
やる事やれば良くなるって感じです。

って訳で夜少し距離走ろうってライト付けたら。。。
b575a605.jpg

一難去ってもう一難(涙)
昨日まで良かったのにな~!
まあ良くある事ですが。。
これもやらねばなりません。

続きます。

↑このページのトップヘ