トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2019年05月

大端部を軸に小端部をボーリングしたコンロッド☆

やはり最終点検は機上で確認します。
IMG_20190509_154752
こんな感じでテストバーを入れてクランクケースシリンダーデッキ面との

隙間を見て両端の水平を確認する作業です。

このアライメントが出ていないとピストンが斜めに動きます

まぁ自慢じゃありませんが過去に100km位で煙噴来出してやり直した

車両あります(汗)

その時は大体ピストンの当たりも斜めに削れてます。

ビックエンドのB/Gレース入れ替えなんてした時はズレる確率大ですぜ!

まぁ粗粗経験済みですが。。
23f3d1f0 (2)
なんで水平が出ていない時はこんな長い棒で曲げて合わせてました。

この作業でも慎重にやれ問題無く合わすことは出来るのです。

ですがなんかあまり好きではありませんでした。
IMG_20190203_132826
って事でこの治具作った訳です。
IMG_20190204_093307
まぁボーリング後も治具上で確認してますがやはり実際組んでの確認は

信用度大です☆

トッポジョージの頭以上な落とし穴隠れている子古いハーレーには居ますから

一つ一つ確実に点検しなが組みましょ!IMG_20190509_155122
因みにこれはJIMS製のテストバーです。

これはリプレイスピストンピン用に合わせて削られたゲージです。

今回はKBピストンでピンサイズがちと違います。

って事で自作で削ったゲージを使ってます。

そこは測定用のゲージです!

それが乱れると意味が無いので本気で削ってますぜ★

まぁ今迄使っていた長い棒も自作ですがね(笑)

って訳でコンロッド!

ノーアライメントでOKだよ☆

では~



IMG_20190515_100435
あ~

ボルト全部緩まん(汗)

しかもWディスクで
IMG_20190515_120201
温めてもショックドライバーでも何やっても緩みませんでしたので

左右10本ナット溶接して外します。

ローターボルトはかなりの熱がかかります。

またショベルのキャストはホイールに直で締めこみますしこんな皿ネジなんで

カジったら中々外れません(W汗)
IMG_20190516_185733
って事でココのボルトはカジり防止のコンパウンド塗った方が良いよ★

んでRのスプロケは逆でマジで緩む時あるんでロックたいとね!

ケミカルも場所用途に合わせて使い分けましょ☆
IMG_20190515_160813

IMG_20190516_155049

IMG_20190516_163233
足回りしっかりやりましょって事でB/G レース共に交換しました~
IMG_20190517_130602
んでタイヤはH50で決まりだね!

んでんで最後にキャストホイールに艶出しコート施工して終了~

このコーティング奇麗になるのも良いですが脂分含んで無いのでタイヤ ベルト等の

ゴム製品のメンテナスにもなります。

因みにコチラはサービスですぜ★

今回タイヤ交換で入庫ブレーキに鳴きも気になるって訳で前後共に作業しました。

先程試運転して来ましたが無事鳴きも収まりGOODです☆

なんかこのタイヤ履かせるとついつい山道行っちゃうね!

タイヤ交換の打ち合わせの時おすすめH50の対抗馬はって言われましたが

今の所これを上回るタイヤが見つからないです。

この前エイボンの代理店の人が来てコブラが新しくなったらしく見せて

貰いました。

触った感じは中々良かったですね。

後形が少し変わり乗りやすくなったのではと思いました~

どうなのでしょうね!

本当最近の話なんでレビュー等ありませんがコチラも楽しみですね。
IMG_20190516_163246
って事ですがやっぱりタイヤはブリジストン H50が1番だね~

今の所はね★ やっぱり足回りすると気持ち雪良いね! でわ

コンロッド小端部ボーリング後の機上点検をお伝えする予定でしたが

その前に流れでこれの続きを!
IMG_20190508_125359
クランクシャフトに関連するカムシャフトとピニオンシャフトの

ギヤ合わせの模様です!
IMG_20190510_132647
って訳でリプレイスHカム!

ギヤでか(汗)

一応カラーコード内には入っていますがかなり大きいサイズです。

これでは選択幅が減ります。
IMG_20190514_140209
んでコレがお相手のピニオンギヤ☆

この子達もカラーコードがありサイズ何種類もあります。

まぁこの中から良いの探して合わせてねってのがハーレーのやり方ね!
IMG_20190514_121854
んでこんなチャート表なんかもあります。

まぁコレを参考に写真の様にピンゲージを入れてサイズ測り選択するって訳!

んでそこの精度も上げましょって訳で実際クランクに組み込んで

機上測定であわせます。

ギヤ精度も当然絡んで来るしね(汗」
 
こんな感じ★
IMG_20190511_135200
因みに大きかったギヤはやはり中々だったので別のS&Sギヤに

打ち換え調整しました~
IMG_20190511_172638
タイミング合わせて入れ替え中!
IMG_20190203_171745
では今度こそ次回はコレの機上点検の模様をね!

では効ご期待で~す★





前回の82FXSの続き!

先ずはココ↓
IMG_20190506_175111
ケース内でのフライホイールのスラスト調整☆

ダミーシャフトを使って調整します。
IMG_20190509_155236
コレがダミーシャフト★

このテーパーB/Gは圧入なんで中々実物のフライホイールで点検するのは

厄介です。

なんでこんなスプロケットシャフトを加工してB/Gがガタ無く入る様に

加工した物で調整してま~す!
IMG_20190509_124500
B/Gの間にこんなシムを入れて調整しますよ。

テーパーB/Gなので厚み増えれば遊びも増えます。

B/Gレースから離れて行くイメージね!

んでまたまた余計な事にスラストの数字考え出しまして一瞬作業止まりましたが

結局何時もの数字で。。

ハーレーB/Gの謎なのね!

まぁ余計な事考えたお陰でやはりこの数字だって確信したので

スッキリしてますがね★

何台やっても色々悩むのよ(汗)

クリアランスはね。。
IMG_20190509_094413
でも最終的には実物でも測定しましょう!

んで実際右側のケースも組み込んでケーシング☆

んでまたまた測定です。

こんな感じ★

このチェックでクランクの芯もそうですが初めに加工する左右クランクケースの

芯の確認の為ケース上でも測定するって訳です。

ココはクランクの芯ケースの芯B/Gのクリアランス全てが含まれてこの数字

が出てきますよ!

因みにこのゲージはアメリカ製なので一目盛0.001in!

ミリに直すと0.025㎜です。

フライホイールの調整スタンドで振り0.01㎜に抑えても軸受けをしているのが

B/Gなのでそのクリアランス等も追加されます。

なんでケース上の方が増えるって訳です。

って訳で部品単体で出来るだけ精度を上げる事と必要上にクリアランスを

広げない方が良いって事☆

まぁその丁度良いクリアランスってを良く悩みますがね(汗)

因みにこのシャフト先端の振りは実際の振りの半径が本当の数字です。

そこからなんか向きになってる(笑)

いや拘ってるギヤのバックラッシュ等の数字も関連して出て来るって訳です★
IMG_20190508_125359
んでんでこの点検の目的はもう一つあります。

それは実際クランクゆっくりを回すです。

それはもう子供の様に回る物は取り敢えず回すだよ!

この時点でゲージで見切れない物が発覚する事もあります。

ゆっくりゆっくり回して抵抗なく回るのを確認して

コンロッドロを下死点まで下げて力を抜くと

自然に上がって来るクランクは良いと思います。

クリアランスを抑えた組み立てE/Gがそれはもう遣れたE/Gの様に滑らかに

回れば当然良いよね☆

それを目指して頑張りま~す。

まぁ実際の動き見たい人はお店に遊びに来て下さ~い!

って事でお次や例の奴の最終点検ですがまたまた超~長く書いて

ちゃったのでまた後日!
IMG_20190203_171745
これの機上での点検んね!

では効ご期待で~す。








前回芯出しまで終了した82FXS!

サクサクケースに組んで行きましょって訳で作業初めて速攻(w汗)
IMG_20190507_140453
マジか~

オイルポンプをケースに仮組するだけでシャフト抵抗かかって回り鈍くなります。

これトルクも全然かけて無い状態です。

このまま組み込むと確実に手では回らなくなります。
IMG_20190507_144331
って訳でポンプボディーを微加工します。

今回S&Sポンプに交換しての不具合ですがこれポンプが悪いのでは無く

クランクケースの問題です。

SSポンプは加工した部分も純正より気持ちタイトに作られています。

そこを純正と同じにしてやるって訳です。

まぁなんて事無い微加工ですが組んでばらしてでめんどくさいのよ!
IMG_20190323_192956
それでも駄目な場合はこれ↑やらないとダメだと思います。

今回はクリアランスも良好でここやっていませんが目立つ楕円や削れも

無かったのでこの加工だけで回避出来ると思います。
IMG_20190507_160859
って訳で規定トルクで組み込み抵抗無くクルクル回る様になりました~

ショベルのポンプはノック等の位置決めは無くセンター出しながらの

組み込みが必見です。

ここ中々細かくてギヤの突き出し量とかG/Kの厚み&規定トルクで

締めこんだ時の潰れ量(G/K)とかもマニュアルに記載あります!

なんでトルク管理は絶対!

増し締めすらNGとされてます。

真面目にこれ適当に組むとギヤ回らなくなりますぜ(汗)

アルミポンプはSSが優秀なのでやりませんが鉄チンポンプ等で

良いの見つからないときはポンプボディーを面研して突き出し等

調整したりします☆
IMG_20190507_154914
オイルポンプはこのギヤとギヤの間にオイルが狭まれる事で勢い良く

オイルが送られる仕組みです。

これはギヤとボディーにも同じ事が言えます。

なんで傷付いたボディーは修理不可って訳です。
IMG_20190507_161304

IMG_20190507_161924
んでコレ↑その上を行くハイボリュームポンプ★

ギヤの厚みと丁数で油量を調整してるんですね!

って事でちょっとシビアなオイルポンプのお話でした~














 

↑このページのトップヘ