トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2016年12月

今年も残りわずかになりましたね。

って訳で 年末年始休暇のお知らせです。

12月30~1月4日まで

今の所29日30日大掃除の予定をしていますが多分ずれ込みます(汗)

って訳で今年も残り少ないですがテンション上げていきましょう! 

s-101
 
バイクいっぱい!

頑張ります☆ 


s-002

 まずは芯出しを終えたフライホイールにレフト側B/G組み込んでスラスト調整!

s-058

 んでケーシングしてケース上での芯の振りの確認

s-059
 
んでんでカバー組んで実働チェック!
 
お次はギヤラッシュがどうにも合わないで大加工したシフトンHカムも組み込みクランクと共に
実働チェック!
(すみません。写真無しです)

これでやっとこれらの加工の答えが出ます↓

s-014

~57までの両端のカムブッシュラインリーム加工↑

020

シフトンHカム加工↑

加工中も当然数字で確認してますが最終チェックは実働チェックです。

これやらないと本当の答えは出ませんしE/Gは関連動作をする物が殆どですので

他に問題が出た時何が悪いのか訳が分からなくなります。

まぁこの続きを見たら分りますよ~

って訳で1つ1つ潰していき本題のサーキットギヤにまいりましょう。

サーキットギヤ!

E/Gの回転をデスビ(点火)に伝えるギヤ!!

s-160


まずは軸受ブッシュを作りまして。

このギヤは2個のブッシュで構成されています。

s-016

んでラインを出しつつリーミングします。

リーマー2本使います。

点火に繋がるギヤですのでここが踊ると当然点火も乱れます。

s-012

 ラインリーム修了!

クリアランスも保たれシャフトも抵抗なく入るので良好な状態★

s-090

ですが先程チェックしたクランクに組み込みこれまた実働チェックして回してみますと

バックラッシュ(ギヤの遊び) が無い部分が一部あります(汗)

s-033

一旦ギヤを外して先程加工したブッシュ内径で芯を取りヘリカルシャフトの

外径で確認した所ずれを確認(涙)

って訳でシャフトに対して内径(元穴)自体が真っ直ぐ掘られて無いって

事でになります(汗)

ハンドリーマーは母体の元穴に対して真っ直ぐを出すには機械加工より有利なので

2次加工には良く使われますが元穴が斜めな場合はそれにつられて当然斜めに(涙)

ある意味正直なのですが。。

って事で原因も分りましたので視点を変えて。。

s-007

突っ切り中☆

s-161

またまたブッシュ作りまししょう!

今回は外径は前回同様に仕上げて内径はもっと小さくします。

s-024

んで両端に圧入!

s-037

んでんでシャフトの突起部分で芯を取りボーリングバーで強制的に斜めを修正します。

これで内径では無くシャフトに対して芯が出ます。

最後にホーニング仕上げで修了☆

s-008

って訳でマーキング部4点で確認してバックラッシュも良好!

一見落着で~す☆

写真は完成してますがアイドラーギヤ(発電機に繋げるギヤ)も同様に仕上げて。

s-058

スラストカラー作って。

s-011

ここのスラストね!

これの調整も点火に影響大ですよ~

s-040

んでお隣のこれ↑

ここは発電に影響します。

後メカノイズ小さくなりますね☆

最後にデスビの対策!

s-035

ここの仕上げやら

s-036

これの合わせやら

またまた長くなりましたのでこの模様は次回!

んっ!!

その前に外装のカスタムの話の方が良いかな?

まぁ順番変わるかもですが功ご期待で~す☆
 

今日はロッドショーですね。

盛り上がっている事でしょう! 

去年はtopperとhummerを展示しました~

s-002

って訳で先日topper壊れました(笑い)

新規の事前審査だの名変だのと書類の提出で陸事に行く用事が。

偶にはTOPPERでも動かそうかと高速全開走行中スロットルを戻した時

ゴゴゴっとかなりの音が。。

んっ!

回しすぎ!!

焼き付き(汗)

でもエンジン掛かってる。。

っあ!!

ベルトだ~

s-011

って訳で遠心クラッチのベルト切れました(涙)

お店で加入している保険で事故等には保障は出る物の普通の任意保険と違い

レッカーサービスは付けれない状況(汗)

って訳で中の良い横須賀 三浦のバイク屋さんオートハウスさんに電話して

レスキューしに来てもらいました。

http://autohouse1980.com/

本当助かりました。

試乗中も工具は持って走ってますが駆動系はお手上げでした。

当然TOPPERのVベルトなんて部品直ぐに見つるはずもなく広島のモミスピ先生に

相談したと所有力なベルトメーカー教えて貰いました★

週明けにでも連絡してみたいと思います。

何か流用出来る物があれば良いのですが。。

んっ!

コレを気に駆動系チューンしてハイスピードプーリーなんて。。

まずはベルト探しま~す☆






 

↑このページのトップヘ