トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2016年09月

for sale だった1970XLCH!

新オーナー決まりまして整備開始した所いきなり部品メーカー欠品(涙)

本当アイアン部品は欠品になると長いです。

一向に入荷する様子も無く途方に暮れているとオーナーがヤフオクで探してきてくれました☆ 

s-079

オイルトランスファーバルブ! 

エンジンクランクの負圧を利用してトランスミッションの圧力を逃がすワンウェイバルブ!

このバルブが壊れると逆にクランクに正圧掛かった時にプライマリーへと逆流して
E/Gオイルが流れ出します。

気ずけばオイルタンク空っぽ!

何て事普通に置きます(涙) 

s-041
 
って訳で交換!

化粧ナットはさて置きいつも普通に緩みませんのでナットを溶接して外します。

コレでバッチリ解消です☆

まぁこの部品届いて数日後、欠品中のバルブがまさかの入荷!

まぁこんなもんです(笑い)
 
んでもう一つの不具合!

乾式 湿式共に色々と曰くのあるアイアンクラッチ(汗)

ですがちゃんと整備すればいい感じに持って行けます。

今回は70年 乾式最後の車輛です。

ニュートラルなんてマジ無理な状態でしたがばらしてみると。。

s-045

強化クラッチS/Pでした~

ノーマルS/Pの写真撮り忘れましたが微妙に長さが短いです。

コレはクラッチのストロークを短くして滑らせない様にして強化している部品です。

まぁ滑らない分切れませんが。。。

s-s-043

バッチリ解消!

その他ケースからのオイル漏れがありそれを対処したいがどうにもフレームが邪魔で
作業出きず一旦E/G降ろして解決!

これが一番大変だったのですがいつもの写真撮り忘れ。

まぁこれも解決したのでOKです。。

後は一般整備 キャブ調整等して整備修了!

s-155
 
先週納車しました~

オーナーは千葉在住の方です。

あいにくの天気だったのでトラックで引き取りに来てくれました。

長々とお待たせしてすみません。

ツーリングがてらまた遊びに来て下さい。

有難う御座いま~す。

s-102

んで次の日!

こちらも新オーナー決まり旅立ちました。
(手前のRね)
この車両は数年前ガッツリ整備&カスタムしてますので問題なしです☆

有難う御座います。

s-027
 
んでんで 後ろの兄弟!

新規輸入のFXRT!!

一昨日、無事車検取得して来ました~

全体的に調子GOOD☆

こちらも煮詰めて納車したいと思います。

 

s-003

今回はXR750のコレの修正の模様!

ハブB/Gの圧入しろがどうにもゆるくてB/Gに対してハブが斜めになっているのを

修正したいと思います(汗)

ハブ削ってO/Sってのが1番シンプルな修理でしょうが何分レーシングハブです。

肉厚超薄くて1サイズUPのB/G分削ると危険ライン超えそうなのでNG(涙)

おまけに簡単に手に入らないデットストックパーツです。

極力物自体の加工は最小限にしたい!

またまたB/Gは規格品ですので内径と外径の比率は大体決まっています。

オールドチェリアーニのアクスルシャフトとの関係の事も考えると

こっちの方がベストかなと。

s-003

って訳でこんなネックカップのチビ版みたいなカップリングを製作!

コレを両端に圧入して整えようってたくらみです。

s-001

 材料は足回りでは良く使うS450C!

s-111
 
ハブ圧入部の外径削って!

s-123
 
続いて中繰り!

ディスタンスカラーの穴とベアリング圧入部の穴を2段階でボーリングバーで掘って行きます。

この内外系はかなり精度良く削らないと意味が無いです。

s-008
 
んで突っ切りバイトで逃げの部分を横削り。。

s-176

 同寸の物を2個作って修了で~す☆

s-139
 
続いて治具製作! 

s-146

元のハブの穴はこんな感じで深さがギリギリです。

s-150
 
それに作ったカップを圧入すると当然突き出ますので。。

s-188
 
ハブのツバ計(出っ張り)にゼロに近い数字でザグリを付けローター穴利用してボルトオン!

s-153

ビシッとインローで固定!

どうにも旋盤のチャックに固定できる形状では無かったのでこれでチャッキングします。

s-156

 んでんで芯出しして。

s-161

端面(底)削り

s-185

逃げ部分最少で加工修了☆

s-180

最後にカップ圧入用の治具も削って。。

後は作ったカップリングの露出部分をメッキ加工して。。。

実際圧入しましょう!

ぶっちゃけコレで両端のB/Gの芯は出ると思います。

いや出るはず。。

結果出ましたらまたご紹介しま~す。
 

今回はハンドル製作の模様

s-004

マウントスクリュ―開先作って溶接!

s-007

 補強パイプ削って。

s-011
 
後はオーナーと一緒に丁度良い幅で点付け!

s-012
 
フレームかなり立ち上がってるんでこれ位の低さが良いね☆

今日は短めで! 

↑このページのトップヘ