トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2016年08月

s-036

輸入しました78ローライダー整備開始で~す。

まずはフォワコンからミッド戻すためプライマリー全分解!

って訳で関連部品チェックです。

s-039

リングギヤ ピニオンギヤ共に山ト跳び交換です。

s-040


クラッチシェル摩耗激しく交換!

フリクションプレート△

スチールプレートベアリング付き嫌いなんで交換(涙)

s-038

お目当てのミッド用のシフターの穴!

ガッツリ機械加工して掘る覚悟もありましたがシリコンで埋めてるだけでした~

手直しは必要かもですがGOODです。

っん!

横割れてない?!

カマボコ(チェーンアジャスター)の調整ネジで突き破っりやがったな(涙)


溶接修理します。

んでGタンク類はAMF入りでペイントの旅にでます。

内部コーティングして。

001

Rフェンダーマウント穴腐って割れてます(涙)

002

修理します。

まずは堤防作るべく極定電流で回りを囲み溶接します。

当時の純正フェンダー厚み1.2㎜です。

しかも割れた鉄(汗)

やった事ある人は分ると思いますが上手くやらなければ埋める穴が解けてどんどん広がります。

なんでこ極々低電圧で素早く回りを囲む事で被害を広げず修理する事が出来ます。
(溶接部分は硬くなりますので)

s-023

こんな時もデジタルTIGの威力発揮出来ます。
極低電流でも安定して溶接可能です。 

んで徐々に電流上げて堀を埋めて行きます。

s-008
 
穴埋め修了☆

s-012

んでマウント穴再度開けて修了で~す★

後は九州のUTU君が上手く塗ってくれることでしょう~

 

s-035

水曜(定休日)久々に川崎大師の床屋さんB B KOKUSAIに頭キメテ貰いに
行って来ました。

本当何年振りだろう!

色々仲間内の話から商売の話まで色々楽しくまた勉強になりました。

s-036

壁には過去の作品(笑い)の写真が一杯!

s-038

トッポジョージの昔の写真も(笑い)

隣のお方!

横浜のローラーの先輩!!

TOSHIさん

床屋さんって何か良いですね。

顔そりもしてくれるし。

んでココの冷え冷えシャンプー!

頭マジでしびれました。

スゲー気持ち良かったです。

んでんで髪切った後グリース付けてセットしてくれるんですが

「良し! 作るか~」

って言って昔からリーゼント作ってくれます。

何かこの瞬間好きで☆

正にリーゼントは物作りですよ(笑い)


B B KOKUSAI 知る人ぞ知る川崎のリーゼント屋さんです。

トッポくなりたい方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

http://www.e-daishi.net/modules/weblinks/singlelink.php?lid=67

偶にはコンなブログで。

ではまた~。















s-121

1992 FXRT!

かなり状態良いです☆

90年代のクロームE/GのTは探しても中々見つかりませんよ~

って言うか見つからなかった(汗)

アメリカでも北カルフォルニアスタイル。。。

密かなブームが起きているそう!

日本もその陰往来か!!

s-031

フェアリングの状態も素晴らしい★

s-035

E/Gも綺麗です。

s-042

テープも健在かな?

コレはまだ試してないです。

実家からまだあれば銀蠅のテープ送ってもらおっかな~
 
歴代ハーレーで1番軽快に走れるバイク!

スポーツスターでは無くFXRだと思います。

そのFXRにフェアリング等を装備したTモデル!

正に最強ハーレーです。

s-046

エアコン(笑い)

やっぱり最強だ~!

んでんでアメリカ情報!

s-1979XLH

1979 XLH1000 

3350 オリジナルマイル!

タイヤとバッテリー以外は全てオリジナルみたいですよ~

s-28323289353_07970ac9c6_b

工場出荷のままのハーレー! 

本当のアイアンに乗れますよ☆

1979XLH!

70年代のイケイケE/GにフレームがCRフレームにアップグレードされた唯一の年式!

アイアンフリークには人気の年式ですね。

これまた最強アイアンです★

このXLHは只今アメリカでFOR SALE中です。

ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。

本国にはまだまだ良いハーレーありますな~ 

ヤバい!

またまたブログ1ヶ月放置してしまった(汗)

一般整備やら車検やらの依頼が満開でして。。

ありがたい悲鳴ですが。。。

入庫待って頂いているお客様すみません。

順番にお声掛け致しますのでしばしお待ちください。

って訳でもありませんがトッポジョージMCは夏休みは10月位にずらして取りますので
お盆は通常営業しています。

s-015

 今回はアメリカのSUNNENホーニングマシーンのお話し!

主にボーリング リーミング加工後の最終仕上げをする機械☆ 

s-017

んでこれがマンドレル!

下はウエッジと言うツールです。

このマンドレルを交換する事により様々なサイズの加工物をホーニング出来ます。

s-005

んでんでこれが実際加工物を削るストーン!

s-028

構造としてはこの主軸を回すと先程のウエッジが手前に出てきて
ストーンの斜めのレールを通りストーンが押し出され加工サイズになるって構造です。

s-021

先程のダイヤルでゼロ点調整(実際はゼロじゃ無いけど)してこのペダル踏むと
主軸が回りながらまたまた踏み具合で工具径を微調整しながら加工します。

s-029

これがE/G加工に必要なマンドレル☆

カタログには一般的マンドレルでも1.5㎜位~100㎜位まで出てました。

カタログ見てるとあまりの量に驚きです。

まだまだ必要なツールありますので徐々に集めて行きたいです。

s-031

ストーンも!

これもアルミナやらシリコン ダイヤモンドまで。

またまた様々な番手の物がメーカーから用意されています。

一見石って金属より弱そうですが。

まぁ実際弱いですが。。

強度の必要な部品などは機会加工後に焼入れを行います。
その焼きで金属は微妙に変形します。
その変形を最終功差に仕上げるのも石で磨きます。

一般的には研磨屋さんのお仕事ですね。

っん?

またまた意味不明なブログになって来たような。。

まぁ石は最強って事で(笑い)

s-087

これはコンロッドビッグエンド用のマンドレル!

この機会を入れようと思ったのはココの加工をより効率良く行いたいってのがきっかけ

s-008

今まではこんなラッピングアーバーで最終ラップして仕上げてましたが何せ旋盤にラッパー
組み込んでコンパウンドで磨く構造なんで微調しずらく少しずつ時間かけて作業していました。

しかも公差抑えると工具の癖が目立ちあの手この手使って仕上げてました(汗)

そこをなんとか作業効率を上げたくて。。

って訳で専用機を入れた訳です。

s-086

とは言え機械には必ず癖があります。

これはストーンの反対側のシューズ!

色々試してデーター取してみたがどうにも主軸側が膨らむので常磐研磨して

シムで微調整してかなり良い感じで仕上げる事が出来るようになりました☆

ではでは実戦の模様を☆

まずは59パンのロッドを!

元穴かなり楕円出てました。

レース入れ替えも考る数字です(汗)

s-029

まずはクランクピン!

使えそうでしたのでペーパーラップして。

s-010


仕上げ寸法のB/G算出して。。

s-026

こんな感じで雄 雌ロッド同時に加工していきます。
コレはサンネンのマニュアルにもありますがこうする事により作業効率が上がるのは当然
ですが削りすぎ等の作業ミスも減るどころかストーンの編摩耗も減ります。
(雌ロッドはコの字型してますからね)

正に一石三鳥ですよ(笑い)

s-024

実際この機械マジで早いですしかなりの精度で仕上げ出来ます☆

楕円修正もバッチリOKでした~☆

かなり作業幅あがりました~★

お次はNEWロッド!

s-030

社外ヘビーロッドだった為リプレイスロッドに交換!

この様な場合は日本製のロッドASSYを以前から使っていますが今回仕上げ少し荒かったです(涙)

今までは微調整位はする事ありましたが楕円が。。

どうした日本!

トッポジョージ的公差から外れビッグ スモール共にやり直します。

s-039

ちなみにこのNEWロッド後期アルミケージやB/Gも付属して来ますがやはりここは鉄が好きなんで
交換して調整します。

最近アルミケージ全然使って無いです。

色々んな理由考えてもこっちの方が良いのではと。。

s-026

スロールエンド☆

リーミング後約0.02㎜ホーニング!

s-021


砲金なんてあっというまでした~

s-074

この機械!

ベルトをずらして回転数の変更が出来ます。

スモールエンドは小径なので回転数を上げます。
この辺の考えは旋盤加工も同じですね。

理由は長くなるので止めときます。

ビックエンドも同じ様に加工しまして。。

s-027

ちなみにこの機械ストーンに油を掛けながら仕上げます。
まぁ写真していればわかるでしょうが(笑い)

コレも専用オイルを使います。

今回はコスモのホーニングオイルを使用!
 
s-032
 
って訳で3SET終了で~す☆ 

ちなみに最初の59パンはガッツリチューニングしますのでスモールエンドはピストン待ちです。

その他イカしたスペシャルパーツも届いてますのでまた後日ご紹介しま~す。

ではではお盆中もご来店お待ちしておりま~す☆ 

↑このページのトップヘ