トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2016年01月

溶接ネタ続き!

パンカバーマウント修理で貫通されたパンヘッドのインテークの穴埋めの模様!

s-041

不純物取り除く為少しざぐって。

これまた余熱与えて。。

s-026

ビビビっと溶接。。。

s-047

 こんなん使って削って。。。。

s-029
 
慣らして。。。。。

s-045
 
出来上がり★

今回はポート研磨はしませんよ~

今日は短めで!

ではまた~ 

今回は55パンの純正フレームのストレッチ加工の模様!  

純正フレームなんですが元々色々改造されていましたので惜しげなくいけますね。

s-033

治具自体の水平出しをしてフレームをSET UP!

s-031


E/Gマウントにも水平器あててフレーム自体も水平を出します。

これやらないと治具で縦のラインはでますがE/Gとの関係が崩れ斜めなフレームに
なっちゃいます(涙)
ちなみにこの治具はスタッドで上下してE/Gマウントが水平に調整出来るようになってます。


SET UP修了しましたら元フレームにインロー作ってダウンチューブ長さ決めて。

s-画像 027

ネック角とダウンチューブ角測って割出しメタルソーで切断します。

s-017

 んでちょこちょこ計算してパイプノッチャーでアールに削って。。

s-005

 最終的には当てがいながら手作業で削ります。

合わせが終わったら溶接部分に開先を作ってビートが中に入るように削ります。

どんなに上手い人が溶接してもこのパイプの合わせが出来てないと見た目 強度的にも
よい仕上がりには出来ないかと。。

ぶっちゃけ一番手間がかかるのがこの作業です(汗)

メインチューブも同じ様に合わせして点付けして。。

治具で芯は出ますが再確認の為2機レーザーを当てがいながら溶接します。
(心配性なもんで。。)

s-012

フレームはどうしても他のパイプが障害物になり一つでは見る事が難しいです。

なんで2機SETしたレーザーが重なり真の確認を取ってます。

s-004

基本溶接終了までレーザーは当てっぱなしです。

s-071

最近新調したレーザー!

s-013

s-010

縦 横だけではなく後ろや下まで芯が見えます。

作業効率かなりUPしました★

後は点付けして本溶接です。

 s-018

ここからはスピードが命です。

楽しい溶接の時間はすぐ終わります(笑い) 

材料はとても強度のある炭素鋼を使ってます。
肉厚 直径共に純正より増やしています。

これは人それぞれ考え方等違うみたいなんですが事故車等で折れたフレーム測ると
少し頼りないかなと思って。。
この材料先程も言ったようにとても強度がある鋼材なんですが溶接には少しコツ(ノウハウ)
がいります。

s-055

 溶接ビート部分の低温割れです(汗)
(ビートの真ん中に出来る薄いクラック)

ちなみに対処済みなんで割れ無いですよ~★

何も考えないで溶接するとほんの10秒位でうす~いクラック入る時あります!

パキってマジでね(涙) 

溶接の教科書?!には溶接後、直後熱を与えて何度まで徐々に冷やすってなっていますが
それはフレームなんでちと難しいので溶接機のセッティングと溶棒で対処しています。 

主な原因は溶接で高温になった材料が急激に冷やされる時の収縮らしいです。

無論溶接熱の焼き戻しの為にも直後熱は絶対ですが。。

s-017

これがうちにあるTIG溶接棒です.

鉄やらアルミやらステンやら一生分あります(笑い)

とまあうんちく盛りだくさんですがまだまだ知らないといけない事山程あります。

s-065

後はこの辺仕上げてガセット(補強)入れて行きます。

それはまた次回!

s-011

んっ!

これほぼ水平!!

約9年位前この店オープンさせた時ペンキ塗って貼ったBIG BOY RESTROOM★

計った訳じゃないけど人間の目って凄いっすね(笑い)

ではまた~

 

新年のご挨拶遅くなりましたがトッポジョージ今年もガンガンお仕事
してますよ~

って訳で今年も宜しくお願い致します。

年明けは毎度のことですがハードワーク!

製作の1月です(笑い)

s-019
 
こんなのやっております!

まあその模様はもう少し形になった時お伝えしますね。 

s-025
 
って事で年内納車出来なかったゴールドのイカしたこの子!

今回はその整備の模様を。

s-025
 
全体的には調子良く行っていますが細かく点検するとやはり古い車輛なんで。。

ブレーキタッチには症状出る程では無かったのですがブーツ外して点検してみた所
微妙に湿り気が。。。

時間の問題なんでO/Hします。

見ての通り左が元のピストンで右が新品です。

トッポジョージは樹脂製部品あまり好きではないです。
何故なら精度よく加工するのが難しいから!

まあこの部品は見るからに古そうなんで持った方でしょうがリプロ品の樹脂なんて
半年持たないのもあります。

やはり金属ですよ!

s-024

んでお約束のこれ↓

s-030

コンペンセータースプロケット!

ダンパー機能が低下して微妙に音出てましたので修理しました。

s-020

純正フルトラはやり癖がある!

って事でダイナSに変更調整です。

フィーリングもUPするし楽しめるんじゃないかな~

って訳でセッティングも大詰め!

もう少しだけ走り込んで追い込みま~す

 

↑このページのトップヘ