トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2009年08月

今週の納車はコチラ↓
s-DSC02862.jpg
以前制作しました「BARE METAL FIGHTER」今回は車検です。
今回の作業内容はインマニシール交換&増し締めでした。
小一時間試乗してみましたが絶好調みたいですね~。
s-DSC02866.jpg
オーナーはとてもシャイな方。
顔出しはNGみたいです。
なので後ろ姿で。。

続いての納車はコチラ↓
s-DSC02671.jpg
春に再カスタムした走り屋チョッパー「男前」。
コチラも車検でした~。
整備したてなのでさほどやる所もなかったのですが雨対策としてSUレインカバーの組み込み&スリムグリップ&シフタープレートバードに交換しました。
勿論男前も絶好調ですね~。

お二人ともいつも遠くからありがとうございます。
感謝しております。
また遊びに来て下さいね~。

1200ショベルを使ったチョッパーをとの事でオーダー頂いていましたベース車輌がアメリカから到着しましたのでご紹介します。
s-DSC01952.jpg
76FX。
コチラをベースにカスタム、レストアと作業していきます。
まずはいつものようにE/G、T/Mの全分解からです。
s-DSC02523.jpg
今日はラチェットトップ4SP T/Mの分解からしていきましょう。
サクサク車体から下ろしてキック周りラチェット周りと分解です。
お次は。。と思いきや早速問題発生!!
(いつも問題だらけ(涙))
シフターカバーの12本のボルト(サラネジ)が固着してゆるみません。
ケースを温めてなんとか10本は抜けましたが。。
s-DSC02526.jpg
ラチェット横の深い穴に入っている2本かなり手ごわいです。。
ボルトの頭がケースより出ている物はナット等を溶接したりするとたいていの物が抜けるのですがこれだけ奥に入っているとそれも無理!!
またまたケースを温め工具を入れて全ての神経を手に集中し一気に....
「パキッ」
やってしまいました(涙)
工具が折れてボルトに突き刺さってます。(一番最悪なケース!!)
一瞬火花散りました~。
トッポジョージMCには残念な事にクーラーがありません。
夏は汗だくになって作業しています。
このようなトラブルが起きた時なんて滝のように汗が出てきます(涙×10000)
汗とポマードが目にしみます。。
こんな時はいったん作業を変えて頭と体を冷やした方がいいですね~。
もう一本抜けないお隣さんを抜きましょう。
ヘキサゴンレンチで普通に抜くのはもう止めです。
ボルトのセンターに穴を開けてエキストラクターで抜きましょう。
前にもお伝えしましたがこの作業のポイントはいかに真中に穴をあけるかってことです。
ハイ、またまた集中して穴を開け工具をたたきこんで。。
スルスル....
抜けました~(始めからこうやっとけばよかった)
一本抜けて頭がクリーンになったところで厄介なところに戻りましょう!!
s-DSC02527.jpg
工具はかなり固い金属でできています。
普通のドリルでは絶対削れないので超硬ドリルというもっと硬いものに穴を開ける専用ドリルで工具とその周りをゴリゴリ削っていきます。
ボルト抜きはじめて数時間。。。。
s-DSC02529.jpg
抜けました(パチパチ)
こんなちっちゃな物に長い事翻弄されてしまいました(とほほ)
が、やってしまったことはしょうがありません(反省)
あとはさっきと同じセンターに穴を開けスルスルスル。
s-DSC02531.jpg
抜けました(パチパチパチ)
とまあT/M分解終了しE/Gの方も分解終了です。
(後は結構すんなりいきました~)

それでは分解した部品達を目を皿のようにして点検していきましょ~。
と思いきややはりまだありました。
s-DSC02856.jpg
問題はココ!!
見ての通りフライホイールです。
ぱっと見は分りませんがストローク計ってみますと1340です!
シリンダー計ってみますと1340です!
ショベルの1200(前期)~1340(後期)って普通に組めるんすよね~。
ボアップされてました。
バラしている時鋳造ピストンが組んであったので少し嫌~な予感がしてましたがドンピシャ。
しかもカムはアンドリュースBカムでした。
走りに徹した改造をしていたんですね~。
オーナーの希望は1200ショベルでFLフォークの組んだチョッパーですからこれは条件違いです。
早速エージェントに連絡。
1200のフライホイールとシリンダーを探して交換してもらう事になりました。
Fフォークは初めからわかっていましたので後で部品を送るって事だったのでせっかくなので一緒に送ってもらっちゃいましょ~。

ここから時間を短縮してお伝えします。
s-DSC02858.jpg

s-DSC02859.jpg
約一ヶ月後アメリカから部品が届きました。

FLフォーク、16INスポークホイール、1200フライホイール&シリンダー。
測定してみましたが合格です。
トッポジョージMCではオーダーされたハーレーのベース車輌の仕入れ業務から行っておりますがこのような開けてみないと分からないようなトラブルの保険も兼ねてしっかりとしたエージェントを通して車輌をお探しいたします。
ご興味のある方は是非是非ご連絡くださーーい!!
まだまだ円高続行中なので(笑)
とまあ話は脱線しましたがE/G、T/Mの点検終了です。
長くなりましたので修理内容はまた後日お伝えしまーーす。
ではでは乞うご期待☆

今回は2000ローライダーのカスタムの模様。
s-DSC02039.jpg
作業内容はFフォーク、ハンドル、オールペイントです。
s-DSC02244.jpg
ってわけで早速パーツ達が到着。
F、4INオーバーインナーチューブ、2INライザー、FXR、OEバー...
早速組み込み開始です!!
s-DSC02273.jpg
Fフォーク分解中。
ダイパー類洗浄してサクサク組み込んでいきましょう!!
s-DSC02274.jpg
ってしてたら早速問題発生です。
交換した社外のオイルシール。
厚みが微妙に違ってリテーニングが入りません。。
ってわけでインナースペーサーを削ります。
s-DSC02276.jpg
完成!!
では再度シールを打ち込んでエアー抜きをして終了です。
今回はブレーキホース、ワイヤー、ハーネス類は交換せずそのままで組み込めました。
そうこうしているうちにペイントの旅に出ていましたGタンク、フェンダー達がピカピカになって帰って参りました~。
s-DSC02535.jpg
つや消しブラックからつや有りブラックへと塗り直しです。
ソリッドブラックって基本的な色っぽいですがぺインターからしてみればとても気を遣う色らしいです。。
ぺインター「UTSU」アリガトウ!!
s-DSC02656.jpg
ってわけで上がってきた外装達を組み込んで完成です。
ポジションも良くなかなか良い走り系チョッパーです。
s-DSC02663.jpg
ってわけで早速納車です。
記念撮影パシャ。
ガンガン走って夏を満喫して下さーーい!!
また何かありましたらお願いしまーーす☆

チェリーボーイズの復刻CDを発見!!
即買いしちゃいました~。
s-DSC02668.jpg
STEEP TEEN DREAMS
ポップな感じのロックンロール♪
大好きです☆
昔レコードは持っていたのですがストリートで踊っていた当時、流していたら突風にあおられレコードがガリガリ(涙)
それ以来聞いていなかったので見つけた時は嬉しかったです☆
ずっと前から探してはいたのですが今年の春ようやくCD化されたみたいです。
http://www.youtube.com/watch?v=76X_mqNHRJA
レモンロック。
ガキの頃背のびをして良く行っていたロックバーのジュークでこれをかけるのがカッコいいと本気で思っていました。(かなり勘違いの青春時代(笑))
只今チェリーボーイズをかけながらゴキゲンに作業中。
他のアルバムも売っていたら誰か教えて下さい。
情報お待ちしていまーーす!!

↑このページのトップヘ