トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2009年07月

今回の修理車輌はコチラ↓
s-DSC00728.jpg
1980ショベルリジッド!!
一年くらい調子が悪くて放置していた車輌を思い切って復活させたいって事でトッポジョージMCに入庫です。
プラグがドロドロになって最終的にはキックがロックしたみたいです。
早速修理開始です。
まずはE/Gから。
全バラにして全て点検していきます。
s-DSC02279.jpg
ってわけで分解終了。
オイル上がり下がり両方ともなっちゃってるみたいです。
s-DSC02469.jpg

s-DSC02472.jpg
続いていたーーい所、シリンダーヘッド、フィン欠け、インテークのクラック計5箇所。
これは痛いです(涙)
溶接して修復することも可能ですがヘッド内部をO/Hしてクラック等で修復するってのはかなりのコストがかかります。
ってわけで今回は。。
s-DSC02369.jpg
在庫してあったS&Sのヘッドを特価でお出しする事になりましたのでこちらに総取っかえです。
s-DSC02381.jpg
S&Sのヘッドと言えばやはりココ!!
インテークのリブです。
ここで一発抵抗をあたえて流速を良くするっていうシロモノですね~。
ポートの形状も大分純正とは違うみたいです。
正直味わいになる部分まで削り取られていますがその分かなりのパワーUPが見込めそうです。
ってわけでその他の部品も目を皿のようにして点検、終了です。
今回のE/G修理内容はコチラ↓
*ロッカーアーム、シャフト類合格!
*ヘッド不合格。。割れがひどいためS&Sヘッドに交換
*シリンダー1サイズUP、ボーリング
*フライホイール合格!
*各ブッシュ類合格!
*レフトケース ティムケンB/G&レース不合格。。打ち替え
*ライトケース ローラーB/G&レース不合格。。打ち替え
 オーバーサイズ&ラッピング
*カムシャフト、タペット類合格!
*オイルポンプ不合格。。ボディー不良の為。S&Sオイルポンプに交換
とまあ大まかにいえばこんなところです。
今回はE/G・O/H、T/M一部修理。
それから外装のカスタムもしますので追ってご紹介します。
コンセプトはズバリ「ラットなチョッパー」です。
なのでE/G系の外装(ポリッシュ、ペイント、ブラスト)は致しません。。
只今ボーリングの旅へと出ておりますので上がってきましたら組み込み編でご紹介しまーーす。
乞うご期待☆


出張の為明日、明後日と連休させて頂きます。
急なご連絡で申し訳ありません。

トッポジョージモーターサイクル

中古車購入、納車前からカスタムの相談に来られていたオーナーの車両が納車され早速トッポジョージMCに入庫です。
s-DSC01999.jpg
96XLH883 ハンドル、マフラー、点火とカスタム開始です。
デジタルS/Pミニメーター、グリメカマスター、ミニS/T、10INアタックバー、カスタムシングルシート、プログレッシブ11.5INブラック、ショートショック、ダイナS KIT、ドラッグマフラーetc...

まずはハンドル周りから。。
ノーマルのラバーマウントブッシュからソリッドへ交換します。
メッキの分厚くて入らなかったので旋盤で削ってショーティーライザーと共に組み込みです。
s-DSC02020.jpg
でお次はハンドルの加工です。
中通し用に計8か所穴あけ、ネジ切り等行って配線を入れていきましょ~。
それからショートショックに替えてベルト調整してダイナS組み込んで、ブレーキホース作ってそれからデジスピか~!
s-DSC02303.jpg
完成です!!
s-DSC02306.jpg

s-DSC02308.jpg
ハンドル、メーター周りはこんな感じ。
s-DSC02307.jpg
ミラーもブラックアウトです。
s-DSC02251.jpg
でわでわ早速キャブ、点火、デジスピの調整と参りましょ~。
今回もメーターの調整は地道に自走してパルス値を算出。
正確に調整していきましょう!
とまあいつものように高速下道とテストを繰り返し調整終了。
s-DSC02309.jpg
早速納車です。
あまりやりすぎないスポーツスターのカスタム。
個人的には好きです。
梅雨も明けいよいよ夏本番ですのでハーレーライフを存分に楽しんでください☆
また何かあればお願いしまーーす!!

今週というか先週の納車の模様をお伝えします。

まずはコチラ↓
s-DSC02419.jpg
羯徒毘ショベル。
今回は車検です。

整備内容はクラッチワイヤー、プライマリーベルト、Rブレーキパット、E/G、T/M、オイル、エレメント、ブレーキフルードを交換しました。
八王子から高速を使っても3時間以上かかるそうです。
いつもわざわざありがとうございます。
でここでニュースです!!
s-DSC02481.jpg
今月発売されたバイブズの別冊(多分)BIKER MONになんと巻頭10ページにわたってコチラのオーナー「ガンジーさん」が特集されていました~~。
(いや~スゴイ!!売り出し中のグラビアアイドルよりページ数稼いじゃってるかも!?)
ガンジーさんはスーパーキャンパー!
このショベリジに乗ってどこへでも行くみたいです。
じっくり読ませて貰いましたが何かふと一人旅でもしたくなるような記事でした~。
皆さんもちょっとだけ現実を離れて旅に出てみるってのはいかがでしょ~??(モチロンハーレーで!)
s-DSC02247.jpg
続いて現在旅真っ最中のこの方、
YOKOSUKA ROCK'N'ROLLたかちゃんのEVOリジ。
コチラも車検でした~。
今回は一般整備のみでした。
このEVOリジJOHNNY KOOL(08 ナイトスター)の山口さんと一緒に只今北海道まで10日間のツーリング中☆
s-DSC02315.jpg
旅先トラブっても対処できるようプライマリーベルトを予備で持っていっています。
「備えあれば憂いなし」
ですね~。
自走で東北、北海道廻ってその距離2000KMだそう。。
この前電話がありましたが順調に旅を続けている模様。
気を付けて引き続き旅を楽しんでくださいね~♪
でここでご紹介。
横須賀在住、リーゼント野郎達のブログ
「タカちゃんブログ」
ハーレーネタあり、ロカネタあり、地元ネタあり、笑いありの4拍子揃ったブログです。
今回の北海道ツーリングもリアルタイムで更新中!!
http://takachanblog.seesaa.net/
気になる方はコチラを↑クリック♪

続いて先月KURYAKINエアクリーナーの組み込みをした04XLH883。
今回はNESSのメタルグリップ&ガスキャップサザエの組み込みです。
s-DSC02368.jpg
スロットルはベアリング入りです。
s-DSC02464.jpg

s-DSC02465.jpg

s-DSC02467.jpg
ハンドルをちょこっと加工して組み込み終了。
次はマフラーを交換したいそうです。
徐々に完成していきましょうね~。
s-DSC02295.jpg
続いてちょっと前に納車したイーグルメタル(06ソフテイルデラックス)とお友達の08XLH883がツーリングがてら遊びにきてくれました~。
イーグルメタルのオーナーは前回ガッツリカスタムしたのですがまたまたカスタムしたい所が出てきたみたいです。。
その時期がきましたらまた作戦練りましょう!!
また遊びに来てくださーーい!!

レストアしています。51FLパンヘッド。
作業も半ばくらいまで進んでおりますのでその模様を!!
まずはE/Gの点検です。
アメリカで半分以上レストアされていた車輌ですので状態はすごくきれいですがやはり別の人が行った作業。
全てをバラしてしっかり点検しましょう。
s-DSC00028.jpg

s-DSC00041.jpg
ってわけでまずはクランクの点検です。
s-DSC02008.jpg
全てのシャフト、レースボア、B/G等を測定した結果クリアランス値は規定値内にあり合格です!
しかも全てのレースを交換しているらしくスタンダードサイズのB/Gでしっかり数字がおさえこまれています。(パチパチ!!)
ロッドのエンドプレー、ブッシュのクリアランスも合格。
B/Gリテーナーのみ摩耗がありましたので大事をみて交換。
芯出しとケース間のエンドプレーのみ調整してクランクはOKです。
s-DSC00043.jpg
続いてギアBOXの点検です。
ドライブギア、スタッドに段付がありましたのでこちらは打ち替えしましょう。
その他ピ二オンギアとか細かな部品に何点かダメージがあったので交換です。
タペット、カムシャフト類も全て新品に交換されていました。
続いてシリンダーの点検です。
スリーブを入れ替えワンサイズUPのピストンでボーリング済みとの事ですが数字はどうでしょう??
こちらもピストン、シリンダーと上、中、下、12時、3時、6時、9時と12箇所クリアランスを点検しましたが上と下では1/100もクリアランスが違います。
しかもちょっと全体的に広いようです。
平均値F7.62/100 R7.85/100。
こちらは.020UPピストンでいつも仕様でボーリングし直した方がよさそうですね~。
続いてヘッドの点検。
ロッカーアームの状態は中々GOOD!!
バルブガイドも鋳鉄製でいいのですがガイドシールがちょっと非力っぽいです。。
こちらも特殊シールが打てるようにバルブガイドを打ち替えしましょう。
まあこの辺は予想してたんですけどね~。。
続いてバルブガイドの穴の点検です。
トッポジョージMCではガイドを抜く時は電熱器でヘッドを温め膨張させてリムーバーで打ち抜きます。
20分位温めコンコンって感じで!
2本は良かったのですが残り2本はいやーーな感じで抜けました。
リムーバー使う程もないくらいスポッと!
早速穴を点検してみますとなんと!クラック発見です(しかもかなり大きい。。)
これではいくらいいガイドシールを打ち込んでもオイル下がりは止まりません。
いやーー、これは予想GUYでした~(涙。。)
溶接で一旦穴を埋め、シートリングを抜いて芯円を出して再度穴あけ。
またまた仕上げにガイド穴をボーリングするという作業が必要です。
とまあヘッドの方で事件はおきましたがE/Gの点検終了です。
ヘッドを除けば予想通りの修理で済みそうですね~。
で早速内燃機加工も終了し部品達は塗装の旅へと出発しました!
また帰ってきたらご紹介しますね~。
s-DSC02014.jpg
注文していた部品達も続々入荷です。
今回はFLフォークから74スプリンガーに交換します。
今主流のヨーロッパの74ではなくVT製を選択しました。
なぜ敢えてVTかっていうとズバリ「味」があるからです。
ヨーロッパの74スプリンガーは精度も良く仕上がりもとてもきれいなのですが少しでも純正のような鋳物のボツボツ感が欲しいって事で敢えてVT製を選びました。
オーナーの細かなコダワリです。
ハンドルはスピードスターを使用します。
只今キャブレターをSUか思い切ってリンカートを組むか大検討中との事。E/Gが組み上がるまでには決めるそうなのでまたご紹介します。
では乞うご期待☆

↑このページのトップヘ