トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2008年12月

首を長ーーくして待っていたベース車輌の51FLパンヘッドがアメリカから遂に遂にトッポジョージMCに入って参りました~。
s-DSC09916.jpg
この年式にしてはかなり綺麗な車輌です。。
レストア途中で売却、アメリカではたまにあるパターンです。
なのでフレームやらの状態はナカナカ良いと思われます。
ベース車輌としてはかなりGOODです。
E/G半分しかないよ~って思う人もいるかもしれませんがご心配なく。。
s-DSC09917.jpg

s-DSC09919.jpg
細かいパーツは何点か欠品ありますが主要パーツ(E/G,T/M,その他)はほぼ揃っています。
しかも新品パーツもたーーくさん一緒に付けてもらいました~。
見つかるまで多少時間はかかりましたが待った甲斐はあったのではないでしょうか。
年式、モデル、仕様に応じて無駄のないベース車輌探します。
ベース探しからカスタム、レストアまで全て承りますのでご興味のある方はご相談ください。
s-DSC09926.jpg
お店の前はこんな感じ。
さあどの子が最初に目覚めるでしょうか?
うーー、やっぱり手前のFLHですね。
その次は一番奥のワイドグライド、あとはナックルが先かパンが先か。。
オーバーホール承ります(マジ)
勿論車輌持ち込みでもOKです☆
オーナーはツインカムダイナと愛用のロレックスを売ってこのパンヘッドをオーダーしてくれました~。
ロレックスに負けないパンヘッド気合い入れて組みます。
勿論ダイナにも。。
s-DSC07066.jpg
今回ダイナの売却にテクノスポーツ(大田店)さんをご紹介させて頂きました~。
トッポジョージMC、東京時代からかなり親しくお付き合いさせて頂いているお店です。
トッポジョージMCでは買取、下取りサービスは行っておりませんが良好な中古車輌販売店さんをご紹介し出来る限り良くみて頂けるよう商談のお手伝いは致しますので乗替え希望の方などいましたらそちらも含めてご相談ください。
今回は相場よりかなり良くみて頂きました~。
ありがとうございます!!
ではでは51パンヘッドいつものように全バラにしてレストア&カスタム開始致しましょう!!
またまたいつものように個々にお伝えしていきますので乞うご期待☆

これにて「トッポジョージの日常 2008年版」終了とさせて頂きます!
沢山の方々にご愛読頂きましてありがとうございました~。
2009年もじゃんじゃん(ホント!?)書いて参りますので引き続きご愛読をお願い致します。
では皆様良いお年を!!

03ソフテイル前回の予告通りT/Mメインシャフト交換の模様をお伝えしまーーす。
まずはオイル抜いて、サイドカバー外して、プーリー外して、B/Gレースをプーラーで抜いて・・・
s-DSC09610.jpg
シフターフォーク、カム類を全て外します。
4SPと違いトップカバーはただのアルミのカバーです。
シフターフォークも5SPから1個増えてます。
s-DSC09611.jpg
で、いきなりサイドドアごとアッセンブリーで抜きます。
s-DSC09623.jpg
ケースはドライブギアのみ残してスッカラカンです。
s-DSC09619.jpg
ギア全バラ、メインシャフト、カウンターシャフトごちゃまぜにならないように気を付けて!
s-DSC09616.jpg
メインシャフトのみサイドドアからプレスで外します。
s-DSC09613.jpg

s-DSC09620.jpg
こちらがHPU20㎜オフセットKITです。
これだけ左にオフセットします。
s-DSC09628.jpg
でまたまたロングメインシャフトをプレスで圧入していきます。
ミッションはプレスをよく使いますね~。
トッポジョージはこの時点でロックナットのトルクがけをします。
それではギアを組んでいきましょ~。
リテーニングリングは全て新品に交換します。
s-DSC09647.jpg
ジャジャジャーーン。
完成です!
何かギアが並んでるのってかっこいいっすよね~。
僕だけかなかなぁ?
s-DSC09652.jpg
それじゃあケースにギア達を戻してシフターフォーク、カム類を組んでトルクかけていきましょ~。
全て規定トルクあります。
勘ではやりません。
トルクレンチ使います。
ではメインドライブギアのシールを交換してB/Gレースの圧入です。
s-DSC09835.jpg
長くなった分レースもオフセットして圧入です。
以前ここの距離が悪くてプライマリーオイルが止まんないっていう修理車輌ありましたよね~。きっちり計って圧入しましょう。
またまた一気にお伝えしましたがこれといった問題はありませんでした~。
めでたし、めでたし!!
では次回はスィングアーム、ホイールの仮組に入りましょ~。
またお伝えしますので是非ご覧下さい。 

今回は79ショベルのセル周りの修理です。
s-DSC09833.jpg
色々と調べてどうやらブレーカーの所で配線切れちゃってS/Tに電気が来てないみたいですね~。
その他キーシリンダーの端子部分も接触が悪いようでしたので修理しました。
s-DSC09942.jpg
修理も終わったし後はいつもの車検です。
陸運局今年最後の日、この時期陸事はいつもだだ混みなのですが今年は比較的空いています。
ニュースでやっていたとおりですね~。
不況の影響でしょうか?
ハンドル周り変わってましたので構造変更して合格!
s-DSC09945.jpg
で早速納車です。
他に整備したい所何点かあるみたい。
徐々にやっていきましょうね~。
s-DSC09947.jpg
でまたまたお土産頂いちゃいました~。
左のぶっといのも真ん中の黒いのも大根です。
左のは調味料をかけると色が変わるみたいですよ。
右の小さいのはニンジンです。
可愛いっすねぇ。
オーナーは農家をやられてる方、主にオシャレなレストラン等にだす野菜を作っているみたいですよ~。
サラダにしていただきまぁす★
ありがとうございましたぁ。

前回の続きです。
4SPトランスミッションのO/Hの模様です。
またまた一気にお伝え致します。
s-DSC09220.jpg
ケースはモチロンガラスビーズブラストです。
仕上がりはもう言うまでもありませんね~。
s-DSC09261.jpg
全バラ状態!
交換パーツはメインシャフト、メインドライブギア、シフタークラッチ、ラチェットギア、ボルト、シール、B/G類etc...
キックカバーとシフターカバーはピカピカポリッシュ仕様です。
ではサクサク始めましょ~。
s-DSC09266.jpg
まずはメインドライブギアのニードルB/Gの圧入です。
s-DSC09280.jpg
続いて右側。
ボールB/Gをハウジングに圧入します。
s-DSC09283.jpg
でまたまた新品のメインシャフトに組み込みます。
規定トルクでしっかりと。
s-DSC09288.jpg
ジャジャジャーーン。
メインシャフト組み上がりました~。
ここもクリアランス保つ所がありますので気を付けましょーー。
s-DSC09291.jpg
でお次はカウンターシャフトです。
右がシムです。
0.004INずつシムが出てます。
ここももちろん隙間保ってシックネスゲージで調整していきます。
s-DSC09300.jpg
でお次はロータリートップにいきましょ~。
S/P、ボルト類その他、シフターレバーは全体的に状態が悪かったのでASSYで交換です。
ビシッと組み込み、作動チェック、ニュートラル、S/T導通チェックして終了です。
s-DSC09329.jpg
ではシフターフォークの組み込みに入りましょ~。
s-DSC09331.jpg
カウンターシャフト側のフォークは摩耗が激しかった為アンドリュース製に交換します。
s-DSC09334.jpg
ジグを使用してフォークのセンター出しをやっていきます。
ここもシムを入れたり外したりしてメインシャフト、カウンターシャフトとの距離を調整していきます。
ここが調整出来てないと楽にシフティングできないなんて事にもなり兼ねませんのでしっかり調整しましょ~。
s-DSC09788.jpg
シールを打ち込んで漏れやすいところはしっかりコーキングしてディオシールナットでふたしましょ~。
続いてキック周りの組み込みに入りましょ~。
ラチェットギアASSY、かなりギア同士の削れがありましたので新品に交換します。
ここはギアの頭を少し斜めに削って組み込みます。
この加工をする事によってクランクギアのかじりを防止します。
長い事元気に動いてもらうためにちょっとした加工は必要ですね~。
ではトルクをかけて終了です。
ここも締めすぎ厳禁ですよ~。
ここをバカ締めしすぎて溝が潰れている車輌を何台か見た事があります。
規定トルクでしっかりと!
ではクランクギア、キックカバー組み込んで終了。
といかないのが旧い車輌。
カバーがうまく入りません。
ここは抵抗なくスポット入れたいところなのですが。。
s-DSC09792.jpg
スタッドの状態もボチボチなので交換致しましょ~。
スタッドはコロニーです。
6本は問題なく交換できたのですが、残り3本はネジ山死んでます。。
ここが原因だったみたいです。
s-DSC09798.jpg
こういう場合はヘリサードというコイルでネジ山を再生します。
下穴開けてベースネジを切ってそこにコイルをねじ込んでいき、タグをおって終了です。
s-DSC09806.jpg
ばっちり再生できました。
ここのポイントはいかに垂直に穴を開けタップをたてることです。
斜めにやっちゃうとスタッドも斜めにたちますってことは。。
元も子もありませんね~。
キックカバースポットで組めました。
あとはクランキングしてチェック、チェック。
う~、またまた問題発生です。
うまいことクランキングできません(涙)
元々このFLHアメリカから入ってきた時もキックは組み込まれていましたが、キック抜けが激しく使用不可能状態でした。
ラチェットギア同士のすべりが原因だと思ってましたがそれだけではなさそうです。
メインシャフト、クランクギア、その他の長さ、厚み、キー、溝の間隔等は測定済みで組み込んでおりますので問題なし。
在庫のあった別のキックカバーで試してみましたが、状態変わらず。
どうもクランクギアとラチェットギアの位置関係が悪いようです。
色々測定した結果、G/Kを何枚か重ねてシリコンで固めて1.5mm位カバーを外に出して組み込んで対処しました。
もちろん作動チェックし、すべりひっかかりもなく、無事クランキング出来るようになりました。
79FLH、元々ノーマルではセルオンリー車です。
通常はボルトオンでキックが組めるのですがケースの制度の問題でしょうか?
79年とはハーレーでもあまりいい年では無いと聞いております。
メーカー生産時サイドカバーとの合わせ面を余計に面研しすぎちゃって、しかもセルオンリー車なので何ら不具合なく出荷されちゃったんじゃないかなぁ。なんて定かではありませんが。。
s-DSC09822.jpg
ジャジャジャーーン。
とまあイロイロ試行錯誤しながら一台のトランスミッション完成です!
s-CA3A0085.jpg
そうこうやってたらオーナーが見学にきてくれました~。
でまたまたお土産頂きました~。
50cmオーバーのカンパチとぶりです!
すごいでしょ~。このサイズ!
超みがしまってておいしそうです。
帰って早速、刺身にて、カマ焼きに、ブリ大根、それとあら汁・・・
本当にありがとうございます。
ではではいただきまーーす!!

では次回は配線、ブレーキ周りと進んでナンバー取得へと参りたいです。
乞うご期待☆

s-DSC09959.jpg
本日は一年の垢を落とす大掃除です。
これをやらないと正月が迎えられません。。
s-DSC09962.jpg
店の前はこんな感じ。
店内のバイクを全て外に出して。
それでは徹底的に埃を落としていきましょ~。
s-DSC09969.jpg
掃除終了。。
ですが来年もお仕事いっぱいです(汗)
がんばりまーーす☆

一年間お世話になった機械・工具達のメンテナンスをして全て終了です。
結局丸一日かかっちゃいました~。
これで来年もびしっと仕事ができますね~。
s-DSC09957.jpg
そうこうしていたら常連のお客さんからイチゴとリンゴを沢山いただいちゃいました~。
超大ぶりです☆
いつも御馳走さまです。
なんか最近よく差し入れを頂き恐縮です。
ほんっとうにありがとうございます。

トッポジョージMCが横須賀にOPENしてから一年余り。
無事に一周年を迎えることができ、プライベートでは息子誕生という忙しくもほんっとうに実りある一年となりました。

沢山のお客様にお仕事を依頼して頂き本当に感謝しております。
最高なネズミ年でした(笑)
来年も皆様がより良いハーレーライフを過ごせるよう気合いを入れて整備していきますのでよろしくお願いします。

これにてトッポジョージMC今年の業務を終了させて頂きます。

新年は1月5日から通常営業致します。
皆様のご来店心よりお待ちしております☆
それでは皆様ほんとーーうに良いお年を。

追伸:たまりにたまっていたブログ(作業ネタ)を一気に書いて参りますのでお正月休みのお暇な時にでも見てやって下さいましまし。

↑このページのトップヘ