トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

2008年04月

なんか最近遊びネタが続いていましたが、普段はしっかり作業を進めております。
というわけで作業ネタです。
76ショベルのO/Hの模様をお伝えします。
「あれ?年末組みあがって納車したんじゃないの??」
なんて思われる方もいるかもしれませんが、実はまだ直っておりません。。(笑えない。。。)
というわけで今までのおさらい。

一回目
シリンダー・ヘッド100%アウト。
フライホイール、ケース内での測定、微妙、絶対ダメだとも言えない。
予算の都合もあり腰上のみオーバーホール(ボーリングバルブ廻り等)
組みあがっていざテスト→始動困難、完全調子ならず(なんかタイミング狂ってそう)
カム周り点検、カム、ピニオン、ブリーザーギア、IマークOK。
エンジン自体でタイミング点検(ピストン、プッシュロッド等)
→結果カムギアの圧入のズレ。=ヘッドに影響大
(ヘッドのみ再度やり直し)

二回目
タイミング、シリンダー、ヘッド、OK。
いざテスト→始動性良、アイドリング良、(やったぁ)
うーーん、でも距離走るとなんか不安定になる。
普通に走るがしっくり来ない=安心して納車できない=直ってない
外からできるチェックやりまくっても状況変わらず(マイッタ)
(キャブ、点火、コイル、配線等)
このままでは完全調子は出せないと判断しオーナーに報告。
「今までやっていないところ(腰下)を見させて欲しい。」
ってわけです。
オーナーも正直予想以上の修理に悩んでいましたが、このハーレー一生乗っていきたいとのことでOKが出て、いざ作業開始です。
(ここまできたら不安要素は全てなくして欲しいとのこと。
腰下もフルでやることになりました。)
点検開始。
早速出てきました~、悪いところが!
ec858999.jpg

見ての通りオイルポンプ。
ぱっと見はそんなに悪くないのですが、よーーく見るとポンプ内のアイドラーギアシャフト(圧入部分)が手でスポスポ抜けます。
冷えてる時に抜けるってことは温まればガタガタ、ここがガタついたら行きと戻りのオイルが行ったり来たり、ってことは油圧の低下=オーバーヒート。
しかもギアが踊ってケース内にうすーくかじった跡が(踊るのはツイストだけにしましょーー)。
距離走ると微妙に不安定になったのはココが原因でした~。
この辺がイカれれば修理不可能。ポンプ交換になります。
それでは新品のオイルポンプに交換していきましょー。
と続けたいところですが、とてつもなくながーーくなりそうなので今日はこの辺で終わりにしますね。
続きはまた後日。(出来れば明日)


4月13日、仕事を早めに切り上げ(スミマセン)モミスピ大先生と共に日比谷野外音楽堂で行われた「マックショウ」ライブを観に行ってきました~。
33年前のキャロルの解散ライブが行われた同じ日に、同じ場所(野音)でライブするなんて!かーーーなりクールっす。
ゲストなのか良く分からなかったですがクールスのムラさん、コニー、高橋ジョージ、モッズのボーカルの人等など、数々のロックンローラーが登場して楽しかったです~☆
欲を言えばセッションして欲しかったなあ~。
ライブを観に来ていたお客さん(含むトッポジョージ&モミスピ)のほとんどがリーゼント!
というのもビックリでした~。。
s-CA3A0005.jpg
この日はノリノリ♪やっぱロックンロールはサイコーだね★

その翌日、横須賀「トッポジョージモーターサイクル」までモミスピ大先生が遊びに来てくれました~。
853f6a14.jpg

相変わらず笑顔がエロイね!(二人とも!?)

仕事終了後、またまた大先生から集合がかかり「メディスンマン」の富田さん含む5名で「ミーティング」。
まあ他愛の無い話をしながら呑んだだけなんですけど。。
とまあ久々に皆で楽しい時間を過ごせました~。

今度は広島に遊びに行きますね~☆

もう関東では桜の見頃も終わってしまいましたが、トッポジョージは10日ほど前の定休日に近所のお花見スポットに行ってきました~♪
(古い話題でゴメンナサイ*_;)

「衣笠山公園」と言えば桜の名所100選にも選ばれたスポットらしい。
しかも店からも自宅からも近く(車で10分)ちょっとウキウキしながら足を運びました~。
モチロンお弁当持参で♪
しかーーし問題勃発!
近くに駐車場が無く、かーーなり遠くのパーキングに車を入れなければなりませんでした~。
歩いて10分程で入口に到着。
「早く桜を見ながらお弁当を。」
(トッポジョージは腹ペコでした~)
と思いきや緩やかとはいえ、ひたすら登り坂。。
更に15分程歩いてようやく頂上!?に到着しました~。
予想外のウォーキングだったのでお弁当とっても美味しかったです☆
モチロン桜もとってもキレイでしたよ~。。
60b5a649.jpg

結構賑わってるでしょ?
でも都内のスポットに比べれば全然空いているので穴場かも・・
8630e85c.jpg

上からの景色。
うーーん、やっぱ結構登ったなぁ。

「衣笠山公園」
行く時は バスで行こうよ ホトトギス
スニーカー 絶対オススメ ホトトギス

来年からの教訓にします!
チャンチャン。。

予告したとおり、200サイズ80本スポークチューブレスホイール&二次チェーンドライブの組み込みの模様をお伝えします。
ノーマルスイングアームに200のタイヤ&チェーンを組もうということなんで今回もイロイロありそうですね~(汗)
d8b478ae.jpg

コチラがW&W製200サイズ用ミッションスプロケットです。
まずはフレーム(ストラットマウント部分)が必ず当たりますので切断していきます。
901fa604.jpg

グラインダーでガンガン削って火花散らして・・・
最終的に切断部分形成してフラットフェンダーを組むことにしました。
その模様はまた次回紹介いたします。
とりあえず仮のカラー作ってスイングアームにホイールを組み込んでみました~。
5d3d5cd9.jpg

あれっ??すんなりいったじゃん。
なーーんて思った人もいるかもしれませんがそう甘くはありません。
待ってましたぁ(笑)
何とか組み込むことができましたがノーマルブレーキでは全然センターが出ません。
しかもスプロケのラインは何とか出たけれどチェーンがフレームに干渉して組むのは無理そう(>_<)
いつものようにタイヤ、フレーム、ミッションとクリアランスと格闘しながら測定しまくりです。。
ってことでフレームをかわすことが出来るギリギリのところまでチェーンラインをオフセットしていこうと思います。
80a9d7d1.jpg

加工中。
スプロケの奥のベアリングスペーサー削ってスプロケを内に入れます。
59ab49b5.jpg

ミッションやったらホイール側もってことで。
7cbee1f0.jpg

完成!
カラー二つ薄くしたらメインドライブギアスプラインが少し飛び出ちゃったので段付テーパーカラーも作りました。
これがナカナカ面倒でした~(汗)
(これ入れないといくらトルクかけてもスプロケガタついちゃうし、オイルダダ漏れになっちゃいますからね)
s-DSC05651.jpg
なんとかチェーンライン出ました~。
うーーん、でもシールレスチェーンですけど、何か?
はい、これで終わらせるようなマネはいたしませんっ。
こんなチェーン組んでも張っても張ってもノビノビです。
4b75028c.jpg

ここでチョイスしたのが520サイズの530シールチェーン。
しかもブラック&ゴールドでチョーカッコイイ☆☆☆
(こういうパーツはホントに助かります。)
3aaa2105.jpg


161731f9.jpg

ちょうどいいリンク数にチェーンカットしてかしまる君でかしめて、調整して終了!
これで耐久性も確保しました~。
どうです?
良くないすか?
ちなみにキャリパーはカスタム用PMキャリパーを使用することにしました。
部品が届きましたらまたお見せしますね♪
では。

只今カスタム中の06ソフテイル。
リア周りの模様をお伝えする前に、テックサイクルの
「アイソレーターシリーズエレクトリックスターターキット」&
「BDL3インチオープンベルト」の組み込みの模様を先にお伝えします。
テックサイクルのインナープライマリーを組み込む場合、
ピニオンギア&リングギアも専用品を使わなければならないのですが、BDLのリングギアとでは内径・厚みが異なる為、組み込めるように加工していきます。
10e80319.jpg

内径の方はクラッチシェルを圧入できるギリギリの数値までもっていき、厚みの方はリングギアを規定の数値まで削っていきます。
b1847b90.jpg

削り終わったら圧入です。
圧入しやすくするようにギアーを細い火(バーナー)で炙って膨張させます。
s-DSC05920.jpg
あつあつになったらロックタイトぬってプレスで圧入です。
少しずつまっすぐに。
9bca9591.jpg

完成!
びしっと組みあがりました~。
195e55b3.jpg

ちなみに「アイソレーターシリーズエレクトリックスターターキット」はバフ掛けしてピカピカ鏡仕様にしました~。
いいでしょ?
オープンベルト組み込み準備終了。。
では車体に組み込んでいきましょ~~。
といきたいところですが、先にリア周りの加工をします。
かなり切った貼ったで火花が散りそうなのでリアが終わってから組み込むことにします。
(ピカピカが傷だらけになっちゃいますからね~)
今度こそ次回はリア周りの加工組み込みの模様をお伝えします!

↑このページのトップヘ