IMG_20200313_144441
今回更なる制度UPの目的でこのパイロット(工具)をちょいと加工です☆
IMG_20200313_174809
って訳で内径を仕上げます。

因みに硬質クロームで内径肉盛りしました★

そこを狙い寸法までホーニングするのですが硬質はかなり堅いので

ダイヤモンドストーンで仕上げます。

先ずは攻め攻めの数字でやりましょ
IMG_20200314_130239
って訳で早速加工しましたが攻め攻めで問題無いで~す!

これでよりシビアにラインが出る事になるでしょ~
IMG_20200314_130516
寸法公差も厳しく真円に修正出来ました~

因み0.02㎜の楕円を全体的サイズを0.01㎜UPで最小修正しています。

この様な再生物は取り代は少ない方が当然良いです!

ホーニングもラッピングも狭い所を集中的に攻めれるのがこの加工の利点ですな~
IMG_20200227_122305
因みにここのB/Gもエンジン同様オーバーサイズがありレース広がったらサイズUPして

調整してね!

ってのがやり方ですがココオーバーサイズ使うと

B/Gが1本入らなくなります(汗)
IMG_20200317_195816
そんな感じなので毎回レースを入れ替えて内径戻して

そこから更に加工してスタンダードB/Gが入る様に調整してました。

まぁその他にも荒業ですが別のやり方もありますがね。。

なんでこのB/Gは真面目に修理するとスタンダードB/G以外は

ちと使えない事になります。

ってな感じでレースを入れ替えてSTDでやるのが一般的ですが今回は↓
IMG_20200317_201656
レース入れ替えは止めてシャフトの方をこれまた硬質クロームで肉盛りして

スタンダードB/Gで仕上げました。

今回の修理方法の利点は先ずはレース入れ替えの工程や交換部品が省ける事です。

それなりに良いメーカーのレースは品質通り良いお値段します。

しかもミッションケースに個体差が大きい為どれにも対応出来る様外形大きく

内径小さく製造されています。

そのサイズもきっちりカタログに記載されてたりします。

個体に合わせてセルフカットして使ってねって事です。

とまぁレースを入れ替えするだけでも色々な加工をしないと出来ないのです。

次に工程手間以外の利点としては硬質クロームを施工をする事で硬度滑り性共に

上がると言う事です。

その辺り含めて良い方法だと思い実施しました。
IMG_20200317_134326
ってやると余計な遊び無くヌルヌルシャフト回る様になりますゼ!

って訳でミッションコンプリートから部品単体の修理!

またまたシャフトの再生のみやレース内径修正&シャフト修正のセットやら

ご都合に合わせてお仕事お受け出来ますのでご相談下さ~い★

一般ユーザー様だけでは無く業者様からのご依頼もお受け出来ます。

ご興味ある方は是非お問合せ下さい。
IMG_20200317_170539

IMG_20200317_171528
って訳でお次は中のコレの合わせね!

これまた1番初めに話したライン精度に大きく左右する部分です。

では効ご期待で~す★