タイトなクリアランスで仕上げると結構な率でくらってしまうこの現象↓
s-008
カバーに組み込むとロックしてしまうショベルのロッカーアーム(汗)
s-029
単品でトルク掛けると問題無いのですがね。。

ぶっちゃけクリアランスを少し広げれば一発解決なのですがそれじゃ

面白く無いので原因を追究して行きましょう~
s-s-001
一番多いいのはこれ↑

シャフトに対してカバー側がきつい場合

叩かないと入らない物も結構あります!

今回も少しきつかったので軽くホーニングしましたがこれだけでは

無いようです(汗)

因みにここ広げ過ぎると油圧落ちますぜ~
s-003

s-010
って訳で色々シュミレーションしまして。。
s-026
って事で自作のスペシャルツールの登場です。

まぁそんな大層な物では無いですがこの辺はアイデア勝負ですよ☆

因みにロッカーシャフト改です☆
s-028
こんな感じでコンパウンド付けてスリスリして。
s-023
ココの面出しします。
s-020
この作業はこの穴と先程すり合わせた座面の芯を出すのげ目的です。

なのでロッカーシャフト改が必要なんです★

そこは内燃機加工!

かなり小さな隙間の世界のお話し!!

カバーの座面が出てないまま組み込むとトルク掛けた時シャフトが

微妙に曲がってしまいアームがロックするって訳です。

カバー穴がきつい場合も同様!

無理やり入れる事になるので同じ現象が起こるって事っすね。
s-031
って訳で無事ガタなくスルスル動く様になりましたよ★
s-032
後は直接オイル入れてラインのリーク無いのを確認して。。
s-037
ガチャピンちゃん!

ご機嫌に復活で~す☆

ロッカーアーム★

ハーレーの部品の中でもかなりダメージ受け易い部品ではないでしょうか!

OHVのあの構造では仕方ないんじゃ無いのって言われたりもする部品です(汗)

プッシュロッドやバルブからかなりの衝撃を受けてますからね!

そのような中でも出来るだけ長持ちさせる策としてはやはり確実に芯を出し

抵抗なく動かす!

んで最強なベアリングと言われるブッシングの環境を守るべく

オイルの入る最低限のクリアランスで油切れを防ぐ!!

ってトッポジョージは思っていますよ~☆

ではでは今度こそE/G完成させてお楽しみのキックの感触味わって?!

E/Gかけましょう~

因みに73ショベルの模様でした~☆

では功ご期待で~す★