s-135

電熱器でケース暖め中!

厚い(汗)

unnamed

なんでかって言うとこのピン抜く為です。

s-213

抜き終わったピンホール部を測定中です。

因みにうちある最少のシリンダーゲージ!

6㎜から測定出来ます。

これ以上小さい穴はホールテスタとかの方が測りやすいかな??

s-214

カバー雌側も測定して。。

このカムカバーはTCを覗いてかなりの重要部品です。

クランクケースとの固定も100分代前半で芯を取り固定しなければいけません。

固定ボルトだけではアバウトすぎて芯が出ませんのこの様な位置決めノックがあり

そこで芯を出し固定しています。

今回はそのピンのカバー側の穴が大きくてガタがある状態でした(涙)

コレは完全後加工で過去に好意的に広げられたのでしょう(W汗)

なんでこんなん広げたのかは手に取るように分りますがココでは述べません。。

ガタあっちゃ駄目(怒)

因みに良く出るブッシュのラインリーム加工もこのノックでカバー位置を安定させ

クランケケースをパイロットにカバーのブッシュを掘ります。

そうしないと組む度位置が変わりラインが出ません(涙)

今回は約0.1㎜位ガタがありました(涙)

unnamed

って事でこれでケース穴 カバー穴のサイズを考慮して段違いのノックを削り製作します★

s-250

これなのね!

またまた字が超~汚くてすんません(汗)

こんな感じで↓



大きくされたカバーのサイズでの切削の仕上げの模様☆

仕上げは筆に油を染み込ませて油が切れない様にして削ります。

こんな一手間や工夫次第で仕上がりが大きく変わる旋盤作業!

面白いね★

因みにこの油も色々試して今の至っています。

職人によっては仕上げは使い古した天ぷら油が一番良い?!

なんて言う人もいます。

トッポジョージは硬すぎず加工物に纏わり付く感じがお好き☆

s-247

んで最終的にケース側の穴サイズに半分細く削って面取りして終了!

真ん中の線でサイズが違います。

ケース側は圧入なんでプラスで削りカバー側は圧入では無いのマイナスで削ります。

今回0.02㎜で遊び設定しました~

って訳で再度ケース暖めて。

ノック打ち込んで。。

s-269

ボルト無しでもガタが無くGOOD☆

s-274

って訳で例のラインリーム加工します。

ピニオン、カム同時に掘りホーニングで仕上げて。。

s-278

数字で確認☆

実際設定したピニオンB/G シャフト類入れてカム入れてカバートルク掛けて!

単品で点検、実働チェックして!!

ガタなくスルスル回りGOODです★

念の為何回か組み換え点検しましたが問題無し

これで芯がでました☆



んで最後にこの子達!

何か鳥かごみたいだね。

s-180

今回は燕ではないですよ!

セイレイなんかな~

飛び方が燕と少し違います。

s-257

燕君たちはココ↑

エアーリールの上作ちゃった~

まぁこのリール!

壊れてるんで良しですが。。

鳥に大人気なトッポジョージMC(笑い)

s-unnamed (98)

マジで明日からこれに集中します。

何とかなるだろ~と今日まで伸ばしてきた自分が怖い(涙)
(今日までは別でやる作業事が残ってます(汗))

明日から本当に別の事出来ませんのでご勘弁下さい。

ではまた~