今回はパンヘッドのカムカバーのお話し!

手術台?調理台?!

に乗せまして。。

s-181

何すんだよっ!

s-062

やめろよ~(汗)

純正ファンの人達に怒られそうですが一部フィン落とします。

まぁそこはCHOPPERなんでE/Gに影響ない位はカスタムさせて下さい。。

s-184

因みに初めはフィン全部落として初期ナックルとかアーリショベルの様に

フィン無しにスムージングする予定でしたが一本落とした所で全部無くすの

つまんなくねっ!

って事でで予定変更★

s-076

んで荒削りが終わったらミクロチェック!

s-107

無事漏れも無く一安心です◎

パンまでのカバーは鋳物の状態がとても悪く普通にこんな巣穴が湧いてます(汗)

この巣穴は正に毛細管現象で金属の中に無数にあるでしょう(涙)

なんで削りも最小限に抑えなくては駄目です。

この巣穴を消すのはケミカルを使わないと無理なのではと思っています(涙)

余談ですがこの前メッキ屋さんから聞きまして別の部品ですが元の巣穴を

クローム厚付けして研磨を繰り返して埋めるらしいです。

凄いですね★

今回は古い部品の味としてうめません(笑い)

って言うかトッポジョージには埋めれません。。

s-161

漏れがひどい物はこんだけ肉盛りしても。

s-160

スムージングするとまた出て来ます。

赤い所が裏と繋がっている部分(漏れ)です。

最悪一回り太らせてスムージングしてそこが埋められても全然違う所の巣穴が

活性化されて溶接中黒い煙が上がったりもします(涙)

当然余熱を加えて肉盛りしますがどうしても他に熱が加わり巣穴が目を覚ますって

事なんでしょうね(W汗)

何か話したく無くなってきました。。

s-145

って事でお次は面の修正!

一部歪が大きい所がありプレスで修正!!

これで一晩寝かせると大きな歪は取れます。

s-153

後は定盤の上で2時間程スリスリ面研してゲージが入らないのを確認出来ればOK

んっ!

2時間(汗)

今の所この形状なので機械で面研する方法思い付きません。。

ぶっちゃけ大変ですが手研摩しています。

写真アップしてみると隙間っぽく見える所ありますがそこは角が丸まっている部分です。

あくまでG/Kの乗る部分にゲージが入らない様にが目的です。

今の携帯って本当明確に画像見れるんですね!

s-156

って事でキャンパスが出来ました~

んで内部加工終わらせたら最終バフして。

今は内緒にしときましょう♪

んじゃいつもの内燃機きのお話しに!

カム ピニオンブッシュのライン出しです。

s-148

この穴楕円がひどいです(汗)

s-163

ブッシュ内でオフセット出来る様内径小さいブッシュ作って試しましたが

ライン出ずまたまた抜きました(涙)

完全下穴ずれてます。。

って訳で次回はカムカバーの下穴の修正の模様を!

ココの修正!

超~難しいですぜ(汗)

功ご期待☆