s-003
 
アメリカから届いた例のブツ!

荷卸ししましたのでご紹介☆

s-009
 
っとその前に場所作り!

鋼材整理してボール盤移動して。

って訳で届いた物はって言うと。。

s-173

コレ↑

特大ブラストキャビネットです。

整理すれば収まる物ですね★

s-033

んでこれが集塵機です。

重い砂は下に軽いゴミは上から吸い取とるって仕組み!

正直ブラスト加工は今まで外注にお願いしてまして今後もそうするつもりでした。

導入は考えてた事はあるは物のどうやっても砂が漏れるなどで他の部品に

かなり影響がありそうで踏みとどまっていました。

外に設置しているって人もいる位!

つい最近まではエンジン単体~フレームまで近所でやってくれる所ありましたし!

そこは燃焼室の点検のみでのブラストなんてのも心良く引き受けてくれてたのですが。

最近連絡かつかなくなり。。

その前やって貰ってた工場も辞めてしまい。。。

何故かブラスト加工の外注先に緑が無くて(涙)

って訳でいいかげん自分の所でやろうって事で導入を決めたって訳です。

s-036

って事で作業開始です。

ワーキングエリア!

超広いです☆

マジで寝れます!!

実際組み立て時、中に入って作業しましたが何かこの空間落ち着きます(笑い)

スイングアーム式のフレーム位は入ります。

ぶっちゃけこんなに大きく無くても良かったのですが狙いは単純!

大きけりゃ砂漏れねんじゃね!

です。

まぁ欲張った感もありですが。。


s-037

試に古いピストンブラストしてみました。

後でお見せします。

s-001

s-003

って事で本番を!

59パンに使用のデレクロンケース!

因みに倉庫に眠っていた社外のカムカバー。

使う予定も無いのでマスキング用のTOOLになりました~

何せ手間掛かるのはマスキングです。

ワンタッチマスク出来る様色々工夫して今後もっと作業効率上げて行きたいです。

マスクTOOLをね!

s-018

って訳で修了!

コレはこれで綺麗なのですが理想の色とちと違うので。

s-027

別の番手のメディア(砂)を調達しまして。

WPC処理でお馴染みの富士製作所から取り寄せました。

s-023

って事でいきなり砂交換!

どうやって砂抜くのかなと取説読みましたが工具要らずのワンタッチ交換でした!

アメリカの機械らしいですね☆

s-031

んで届いた別の番手のガラスビース入れまして。

s-037

これこれ↑

求めていたのはこの色★

銀塗装した様な感じにキラキラになりました~☆

因みにこのクランクケース!

今後もう1手間2手間掛けて外装仕上げて行きます。

ブラスト以外でね!

功ご期待です☆

s-034

天気が良かったのでお外で乾燥中。

水~パーツクリーナー~灯油~

んでまたまたクリーナーで完全洗浄して。

以前まだトッポジョージがお勤め時代!

メディア等(今回はマスコミね)でウエットブラスト等が出始めた頃ばらしたE/Gに

ウエットで加工したのですが洗浄が不十分で目も当てれない状態になり。。

全てをやり直した経験があります(汗)

ブラスト後は徹底洗浄です。

s-010

今回もお隣の車屋さん(ビッグウェーブ)とその力自慢のお客さん達にお手伝いして貰いました☆

社長の伊波さんはシャイで映っていません(笑い)

総重量約200㎏!

4人で単純計算約50㎏って事で4人で持ち上げてトラックから降ろしました~

写真なんか取る余裕ありませんでした~

本当助かりました。

s-012

 因みにこのイカしたマシン!

左から2番目の女の子の車みたい!

ビッグウエーブにてカスタムしたそうです。

若い女の子がこんな車ころがしてるなんてマジでかこっこ良いですね☆

s-168

試にガラスビーズ2種類の番手で加工したピストン!

並べると違い分かるでしょ★

サンプルで置いときます。

旧車のレストアなんかはガラスビーズよりアルミナの方が味が出たりもします。

その辺のサンプルも用意しようと思います。

E/G等、分解時にしか出来ない加工です。

見た目も綺麗なりますし内部の見えないクラック等もより明確に分りますので

O/Hの際は是非ご検討下さいませ。

修理にはとっても有効な加工ですよ~☆

ブラストキャビネット!

今の所砂漏れ無しで工場環境に影響なしで~す★