今回はコンロッドの修理の模様です。
4b864402.jpg

オーバーサイズB/Gで取りきれなくなったロッドレース!
の打ち替えです。
専用治具を使って抜きます。
グッグッグッといい感じで圧入されてました。
8160c50e.jpg

レースはJIMS製を使用します。
このJIMSレースはメカニックの中では評判悪いです(笑い)
なぜなら外径は大きく内径は小さく設定されておりますので仕上げるのに
かなり時間が掛かります(汗)

他社にもリーズナブルな上仕上げるの楽なパーツ沢山ありますが
どれを取っても緩い上に軟らすぎて良い仕上がりにならない上耐久性に欠けます(涙)

なんで大変だけどJIMS使います。。
13ef9894.jpg


s-画像 037.jpg
本当に外径大きいのでこのままではとても圧入出来る代物ではないので
まずは削って。。。
締め代いくつで取るかが肝です。

以前JIMSにこのまま入れると割れるよって苦情?出した時ありましたが
色々なロッドに対応出来るように外径大きく設定してる。

カタログにも数字記載あるから見てよって!

実際ジャストな数字ありました(笑い)

004.jpg
こんな感じで専用ツールで圧入します。
これまたJIMSですが(笑い)
特にRロッドなんかは真っ直ぐ入れるのに気を使います(汗)
9e9b0400.jpg

んで圧入終了!ポンチでカシメてこれまた終了!
89768cf9.jpg

んでんで鬼のラッピング(涙)
これまた本当に内径小さいので仕上げるのが
かなり大変です。
旋盤の前で削っては測定を繰り返して
3c00145b.jpg

良い感じです。
ぶっちゃけこの作業はかなり骨が折れるというか
肩や腰やら痛くなります(涙)
普通のラッピングとはまるで違います。
a86ebcc5.jpg

ちなみに今回もスチールケージ使います。
当然B/Gはスタンダードです(嬉)

やっぱ鉄の方が強いよね?!

これまたまたJIMS製ですが。。。

すみません。
けしてJIMSの営業マンではないですが他に良いのが見つからないので。。。
c0978e13.jpg


012.jpg

7fa32023.jpg

んでスモールエンド入れ替え リーミング ホーニングして
1dd4e00f.jpg

コンロッド再生終了でーす。

まあこの後ロッドのアライメントてのがありますが。。

それはクランク組んでから最後の工程なんでまた後で。。。

では次回はギヤBOX内の加工をご紹介をしまーす。

では。