前回予告通り1988FXRの模様
画像 011.jpg
配線引き直し終了!
点火時期合もわせて。
この車輛は独立点火です。
トルクもフィーリングも同時点火よりGOODです。

んで問題のドラマ!
ラバーマウントならではのトラブルでキャブレター交換に
なっちゃいました(涙)

元々FCRが組み込まれていましたが同じ物に交換するのは
ちょっと詰まんないっすよね~。。

画像 023.jpg
色々打ちわせをした結果やっぱりコレ!

FXRにはFCRしか思いつかないです。

ですが今回は口径を39mmでやってみようと思います。
FCRはトッポジョージもかなり組み込んでいますが前々から
温めていた事です。

通常ハーレー用のKITは41mmで設定されていますが少し
大きいんじゃないかと。。
最高速等は大口径の方が有利でしょうがレスポンスは小さい方が
上がるはず。

好みの問題が大きいですがFCRに求める所って
加速の鋭さやレスポンスの良さではないかと。
トッポジョージはFCRのそこが好きです。
FXRもそこが良いのでベストマッチだと思っています。

ちなみに小さくすればアイドリングも安定するはずです。
まあ元々FCRは低速も安定しているのでより良くなるだろうって
事です

ケイヒンバタフライとスクリミーンのビックボアの違いの時もそう思いました。
本当に好みに分かれますのでどちらが良いとは言えないですがね。。

って訳で駄目な時はトッポジョージ負担でやってみます(汗)
理論上は上手くいくはず。。
s-画像 022.jpg
41mmはある程度データー持ってますが今回は予想でジェッティング。
後は走れば答えが出ます。

以前ケイヒンで特注で作ってもらったニードルぶち込んで!
ちなみにニードルの驚きの1万通りもあります。
(1本じゃ作ってもらえませんが。。)
テーパー角 切り上がり ストレート計等を
あーだこーだ組み合わせて1万通り(笑い)のオーダーが
可能なんですよ!
画像 024.jpg
問題だったココ
ラバーマウントならではです。

特注スピコッド対策しました。
s-画像 019.jpg
ではでは調整に参りましょう。

ぶっちゃけかなり楽しみです。

結果は納車編でお伝え出来るはず。

乞うご期待でーす。