パンヘッドの修理の続きです。
今回一番骨が折れた作業(汗)
元々構造上?!
てな感じのRスプロケットブレーキにFミニドラムと言う
組み合わせでしたがやはりブレーキを強化したそうです。
スプリンガー用Wカムドラムを組んで欲しいとの事です。

リアがリアだけにちょっとハードル高いかも(汗)

トッポジョージはやることやればシングルカムで十分って方でしたので
Wカムは軽い調整位しか経験が無かったです。
なので今回かなり見つめる事が出来ました。
s-画像 025.jpg
まずは普通に組んで様子見ましょうって事になったのですが。。。
ドラムバッキングプレート斜めってます。
効く訳が有りません(涙)
まぁこの辺はブレーキだけの問題じゃない時もよくありますので
74フォークを点検してみましたが問題無く◎
むしろ状態良いです。
やはりブレーキですか。。
様子見所の騒ぎでは無いので鬼のブレーキアライメントが始まります。
鬼のフォーク修正がない分ましですが。。
s-画像 005.jpg
元々広すぎるバッキングプレートのエンドプレー
まずはインナースリーブ加工して。。
スプリンガーフォークなのでフローティングさせなければダメですがでも広すぎです。
シャックルバーとの関係も良くないですね。。。
ってことでオフセットです。
s-画像 009.jpg
ブレーキ動かすと当然シャフトも
さっき加工したスリーブにくい込むようテーパーに削ります。
s-画像 006.jpg
当然これも。
s-画像 005.jpg

s-画像 006.jpg
初めに組むまでもなく加工したシャックルバーのスタッド
追加Wカムのシム調もしました。
何もしなければロックして全然です(涙)
s-画像 005.jpg
やっと普通に調整出来るようになりましたが
シューが当たる場所、当たらない場所の差が大きいです。
旋盤で芯だしです。
これはドラムブレーキ全般にありますね。
ここまで来たら後には引けません!
トッポジョージの力を120%使い、ない頭も追加して(笑い)
せめてRよりは効くようにしなければ!!
s-画像 017.jpg
まだ少し気に入らなかったので光明丹付けて点検です。
何週回してもあたる場所同じです。
ドラムシェル外して測定してみましたが単体だと100分台前半
社外シェルにしては上出来です。
がホイールに組むとかなり降ります。
ホイールが悪いのかシェルが悪いのか組むと芯が出ない模様(涙)
シェルの芯だしも必要でした。
(これで調整出来るからハーレーのパーツって凄いね)
s-画像 013.jpg
んで最後に加工したのがココ
ココにたどり着くのが長かった(涙)
ワイヤーの気持ちになってですね(笑い)

てな感じでようやくブレーキ掛けるとフォークがフルボトムする位になりました(パチパチ)
カムが2つとか1つとかそれはそれで効果有るのかもしれませんが
製造元も、もっと他に遣るべきことが有るんじゃないのかな~?
まぁ全てのマッチングが重用になる所が多いので部品単体では難しいかもしれませんが。。。
特にショベル以前のリプロ品は恐ろしく精度が悪い物が多くベース材料位に
考えて無いとだめですね(涙)
でも手を掛ければ掛ける程良くなりますのでそれも旧車の楽しみかな??
とまぁドラムの組込?修理?は地味な作業の連続です。
手を入れる所は全てですね。
心折れそうになる時有りますが全然めげていませんので(笑い)
ドラム修理お待ちしておりまーす。
s-画像 042.jpg
最後にフッシュテールエンドキャップ付けて終了です。
コレが中々似合うんですよ。
パンチョッパー!
カッコイイですね。