イベントでの完成像が先行してしまいましたが、、告知通り作業内容をご紹介していきます。
前回E/G O/Hの所で終了していますのでT/M足周り(ホイール、ブレーキ等)配線、車体組込とここにご紹介していきます。
かーーなり数がありますのでポイント的にお伝え致します。
まずはT/MのO/Hから。。
s-DSC04155.jpg
コチラが部品達です。
使えないギアは交換、使えるものはモチロン再利用します。
交換のギア類はアンドリュースを使用します。
正直もっと安価なリプレスギアもありますが製品誤差がとても大きく新品でも使えない物や必要以上な加工をしなければならないものもありますので内部パーツはアメリカのメーカー品を使います。
s-DSC04505.jpg
コチラがメインドライブギアのB/Gレース、虫食いが激しかったため打ち替えしました・
s-DSC04508.jpg
んでコチラがそのB/G 4S/P T/Hのなき所ここもクリアランスはシビアです。
しっかりB/G合わせします。
s-DSC04512.jpg
んでこれがドライブギアのスペーサー。
これでエンドプレーを調整します。
調整が終わったらメインシャフト、カウンターシャフトとギアを組んでいきます。
コチラもクリランスを調整する所が多々あります。
しっかり頑張りましょ~。
s-DSC04729.jpg
ギアBOX内完成したらドラムシフター周りに入ります。
ドラムは状態も良く再利用します。
シフターフォークはお疲れ気味なので交換します。
ゲージを使ってシフターフォークのアラメントを出していきます。
ここはギアのスムーズさにかなり影響していきます。
最後はシフターカバー(トップのカバー)を仮組して目視でいい所に調整します。
んでまたまた仮組して一速一速のギアの入りを確認して。。
(この辺はバラして組んでを繰り返し、調整確認していきます。
そうしないとあとでT/M下ろしてバラシテ組んで乗せてと二手間、三手間増えていきますね~)
s-DSC04735.jpg
出来上がりでーーす!
トップカバーはE/G同様半ツヤブラックです。
ブッシュ類はペイント前に打ち替え済みです。
ケースはサンドブラストかけました。
あとはゆっくり慣らし運転をすれば終了ですね~。
ではお次は足周りのO/Hにまいりまーーす。
乞うご期待☆