たまに修理に出してくれる1970 ショベルポリス。
ここ最近暖気を終えて走り出すと一定の時間(10~15分)だけE/Gからカチカチカチとメカノイズが。。
その時間を超えるとピタッと止まる。。
???
ということから修理を依頼して頂きました。
s-DSC06689.jpg
タペットをバラして点検してみたところ一本が抜けちゃってるようで交換しました。
その他3本は多少ヤレ感はありましたが調整次第でまだまだ使える範囲でしたので再利用しました。
S/Hの油圧タペット、ゲージを使ったり使わなかったりとハーレーはやり方が十人十色(タペットだけに限らず)トッポジョージMCではゲージを使わず膨張した時のみオイルがクッションになるように調整します。
無論一定時間のノイズはなくなりました(めでたしめでたし)

続いてコチラ
s-DSC06642.jpg

s-DSC06643.jpg
E/Gガードの組込だったのですがなかなかボルトオンで付かず切ったり貼ったりするのにステップのマウントプレートを外した時に発覚!
RマスターシリンダーにDOT5独特のぬるぬるサバサバのオイルの跡が。。
ハーレーにとって(ハーレーだけじゃないが)Rブレーキは命をつなぐとても大切なもの。
まだブレーキ系に症状は出ていませんでしたが放っておけばとても危険です。
この辺は発見すれば即修理!
ってわけでマスターをO/Hします。
リビルトキットには年式によって使うもの、使わないものありますがこの年式は全て使います。
コレで安心◎
s-DSC06675.jpg
って訳で納車です。
トラブルを少しずつ修理していき安心してツーリングを楽しめるようになってきたみたいです。
有難うございまーーす!!