レストアしています、47ナックルヘッドの続きです。
前回はちょっと複雑なヘッド周りのO/Hでしたのでお次はクランク周りからです。
まずはケースをサンドブラストかけましたので徹底的にお掃除です。
コチラも炙って洗ってを繰り返します。
しつこいぐらいにね。。
s-DSC03573.jpg
タイマー、アイドラー、ギア共に段付きありましたので交換です。
s-DSC04128.jpg
そんでお次はネジ山の再生です。
この辺はケースをバラさないとダメな場合もありますのでやるべき所は100%やります。
s-DSC04130.jpg

s-DSC04136.jpg
バッチリです。
その他デスビ、カムカバー、マウントと何箇所か再生しました。
s-DSC03577.jpg
クランクB/G合わせ、今回はロッドレースの虫食いが酷くてラッピングでは無理だったためレースも交換しました。
s-DSC03857.jpg
センター出し。
s-DSC03849.jpg

s-DSC05195.jpg
続いててっちん心臓部(オイルポンプ)。
ボディ内部の傷、ガタ等はなく良なので耐熱をペイントして再利用します。
自作のSSTでチェックバルブのあたりを整えます。
ここのあたりが悪いとブリーザーからかなりオイルをはきますのでしっかりと整えましょう。
まあやりすぎは厳禁ですけどね~。
そんでG/K合わせです。
何種類かG/Kが出てます。
コチラもロックせずクリアランスが最小になるよう調整します。
モチロンセンター出して規定トルクで組込シャフトの動きのチェックをして終了です。
s-DSC03851.jpg
スタッド、シャフト、ギア類も怪しい物は全て交換します。
s-DSC04146.jpg
強度のあるボルト類は再メッキしてリフレッシュです。
s-DSC04151.jpg
スタンダードスペックのアンドリュースカムシャフト!
コチラもシャフト山の面荒れがありましたので新品に交換します。
一時だけ良しではダメですもんね~。
s-DSC04445.jpg
ってわけで腰下組込終了です。
モチロンブッシュ類も全て打ち替え済みです。
クリアランスをおさえるところ、少し大きめに取る所部品ごとにあります。
それには全て理屈があるんっすよね~。
そんな事を考えながらE/Gを組んでいるととてもやりがいがあります。
(まあ壁に当たった時はテンパリますが。。)
お次はいつものようにピストンスカート部のバリ取りをしてリングキャップ合口の再チェックして組込、ちょっと複雑なヘッドASSYを乗せてスペシャルトルクかけて終了です。
s-DSC04484.jpg
プッシュロッド、コルクオイルシール、オイルにひたして組込ます。
s-DSC04149.jpg
インマニグラスシール、状態も良かったので炙って再利用します。
s-DSC05239.jpg

s-DSC05235.jpg
ってわけで47ナックルE/G完成です。
どうっすか?どうっすか?
コチラはELです!
味のある走りをしてくれるはずです。
走るのが楽しみです。
でわでわ長くなりましたが今日はこの辺で。
次回はトランスミッションO/Hの模様をお伝えします。
乞うご期待☆