51パンヘッドレストアの続きです。
まずはコチラから。
s-DSC02392.jpg
段付になっていたドライブギアスタッドの交換です。
ケースを温めプーラーで抜きおNEWのスタッドを再圧入して終了。
うすーーくロックタイト付けてね。。
それではケースを組む前にお掃除です。
s-DSC02396.jpg
ジャジャーーン、ブラストたくさん残ってました~。
マスキングしても入っちゃうんですよね~。
またまた温め、洗って、温め、洗ってを繰り返して徹底的に洗浄です。
s-DSC02401.jpg
スタッド裏なんて要注意ですよ~。
お掃除終わりましたらまずはレフトケースB/Gです。
クリアランスは前回点検済みなので後はレースとの関係です。
s-DSC02421.jpg
B/G ASSYの方がレースより飛び出しちゃってますのでリテナーを削って調整です。
s-DSC02423.jpg
バッチリです!!
ライトケースの方も同じように調整しましょう!
でお次はクランクのセンター出し&エンドプレーの調整です。
s-DSC02435.jpg
ちょっと大きいみたい。。
s-DSC02444.jpg
シムを使って逆算しながら調整していきます。
s-DSC02443.jpg
いくら計算しても一回じゃあ終わらないんっすよ~。
何回かやってる内にいい数字にもってこれました~。
勿論センター出しもOKっすよ~。
s-DSC02441.jpg
漏れやすい所をコーキングして本組みしましょう。
シール内はシリコンG/Kたっぷりです。
じゃ、お次はギアケースに参りましょう。
s-DSC02693.jpg
いつも問題のあるオイルポンプ。
今回もやっぱりでした~。
平らな所で測定してみますとかなり面が狂っているみたいです。。
(カタカタ言っています)
トルクをかけるとやはりシャフトがロックしてます。
オイルストーンで地道に面出していきましょう。
小一時間スリスリしてましたらなんとか面は出ましたがギアの方がボディーより規定以上に飛び出しちゃうようになりこれではケースにかじっちゃいそうです(涙)
通常オイルポンプ対ギアのクリアランスはギアの方がコンマいくつか(明確な数字は分かりません)大きくてG/Kを入れてギアの方が小さくなり限りなく0に近い数字になるってのがベストだと思うのですが。。
ギアを削るってのはポンプの性能を落とすので却下です。
結果G/Kで調整して対処しました。
s-DSC02713.jpg
ポンプセンター出しをして規定トルクで組付け終了。
抵抗なくスルスル回るようになり合格!
s-DSC02717.jpg
G/Kの残骸(涙)

続いてカムシャフトの組み込みです。
コチラも規定のクリアランス値がありますのでシムで調整していきます。
コチラもすんなりいきませんでした。
一番薄いシムを入れて組み込んでもカムシャフトのエンドプレーがなくロックしています。
シムを外すとクリアランスが大きくて恐らくギアのひゅんひゅん音が出るでしょう。
色々調べた結果原因はココみたいです。
s-DSC02718.jpg
加工精度の問題でしょうね~。
シムが奥まで入らないようです。
s-DSC02736.jpg
ってわけで加工です。
s-DSC02743.jpg
終了。
s-DSC02766.jpg
クリアランス.005in合格です。
s-DSC02763.jpg
でまたまたG/Kの残骸(トリプル涙)
s-DSC02746.jpg
ブリーザーギア等の調整をしてタイミング合わせて腰下組み込み終了。
s-DSC02768.jpg
でシリンダーもボーリング&ペイントの旅から帰ってきました~。
ピストン.020UPです。

続きはまた次回!!