ちょうど一年程前他の業者さんからの外注で整備を任されたレブテック1800ビッグEVO。
音量を落とすためインナーサイレンサーを入れたらプラグがかぶっちゃってというわけで調整です。
s-DSC01524.jpg
距離的にちょうどならしを終え、本調整出すため再調整する時期だと思いますのでグッドタイミングでしたね~。
s-DSC01638.jpg
続いてコチラ。
メーターの数字が少しくるっているみたいなので合わせられるものならやって欲しいとの事です。
正直取説も何もありませんので手さぐりになると思いますがやってみましょう。
メーターパネルに出ている暗号みたいな数字。
T/Mの回転を電子信号に替えるパルスの数字。
数字の意味は分りませんがまあパルスの暗号みたいなものでしょう(笑)
操作方法が手探りって所が少し厄介ですが調整方法はほかのメーカーのデジタルメーターとさほど変わらなさそうなので何とかなりそうです。
指定の距離を決めてテストしメーターがどれ位くるっているのかを出しそれを逆算してこのパルスの数字を算出するわけです。
s-DSC01589.jpg
キャブ調整も含めてテストに行ってきまーーす!
テストした結果26%マイナスという答えが出ました。
それを逆算して算出。
再度テストです。
キャブの方もやはりすごーーく濃いぃ状態らしくジェット類もおとしていかなければならないみたいですね~。
ですが濃いめの状態で慣らし運転してもらっていましたのでなかなかいい状態で慣らし終えたのではないでしょうか?
メーター、キャブ、同時進行で調整していきましょう。
指定の距離を4~5回走って数字を算出した結果ほぼ正確に調整できたようです。
今回行った方法の他、アジャスト、オート等の調整方法もあります。
ですが今回の方法が一番正確に調整できるのではないかと思われます。
でわでわキャブのチェックも含めて横横走って最終チェック終了です。
s-DSC01737.jpg
早速納車です。
慣らしも終えた事なのでストローカーのパワフルな走りを存分にお楽しみくださーーい。
またお願いしまーーす!