カスタムをしています。ショベリジ「男前」の続編です。
これまたなかなかお伝えできませんでスミマセン。。
もう組み上がってますのでその模様を一気にお伝えしまーーす!
前回はペイントが上がってきて本組みに入りましょう!ってとこで終了でしたよね??
それでは続きを!っていく前にもう一つカスタムです。
s-DSC00399.jpg
10Inライザーを組んでいましたがなんかやりすぎた感もあり、ポジションも少し下げたいって感じなので8INスムースライザーに交換です。
今回はライザーの中にも配線を入れましょう。
加工後このライザーはペイントの旅へと出発☆
(注)以下時間を短縮してお伝えします。
s-DSC00882.jpg
ってわけでペイント終了。
パウダーコートブラックです。
s-DSC00409.jpg
1.4Kwハイトルクセルモーター、シルバーだと目立つんでペイントしました。
このセルモーターで重たいハーレーのE/Gをグルングルン回してくれます。
ハイトルクモーターを組みますとバッテリーの負担も減りますよ~。
s-DSC00402.jpg
充電系も強化しましょう。
32AオルタネーターKIT。
s-DSC00403.jpg
今回キレイに仕上げたいって事なんで配線も全て引き直します。
s-DSC00890.jpg
ソリッドマウントライザーブッシュ。
ライザーが太くなりますんで接地面積を増やすためフラットに削りましょう!
ライザーから顔を出す部分だけメッキを残して慎重に。。
s-DSC00896.jpg
加工したライザーはこうなるんです!
s-DSC00884.jpg
セルS/Tマウント部分。
Fマスターシリンダーを加工して取り付けます。
では配線全引き直しも終了した所でお次はお待ちかね、セル&オープンベルトの本組みです。
s-DSC00936.jpg
ってやっぱり色々あるんです。
ボルトの入っている部分、クラッチスタッドが一本ガタガタしています。
今回初めてこのクラッチASSYを組み込むんで構造が分かりませんがとりあえずハブをプレスで抜いて分解してみましょう。
s-DSC00954.jpg
分解終了。
やっぱり裏からボルト止めされてました。
ここが緩んでただけみたいです。
後々の事も考えて6本共ロックタイトをつけて締め直しましょう。(やれやれ。。)
s-DSC00419.jpg
まだまだあります。
これじゃあ突き出し量がすくなくてすぐにギアがダメになりそうです。
ピ二オンギアの突き出し量も調整しましょう。
ベルトのラインを出して追加チェーン遊び時にインナープライマリーに干渉しそうだったのでミッションスプロケットの丁数を少なくしてチェーンのラインを下げました。
オーナーも低速を太らせたかったみたいなので一石二鳥です。
s-DSC00905.jpg
セルモーター取り付けのため、クラッチリリースアームの動きに制限があるためワイヤーに入れるスペーサーを作ります。
s-DSC00950.jpg
続いてこれ!
クラッチS/P各色あるのはオシャレではありません。
色ごとにバネレートが違います。
左下がテックサイクルのノーマルS/P。
クラッチにシャキッと感がなかった為調整。
滑らず軽いタッチでスパッときれるS/Pを選択します。
s-DSC00915.jpg
もっとマイルドにしたいって事なんでソリッドプッシュロッドからハイドロリックへ変更します。
これでメカノイズも少なくなり走りもマイルドになりますね~。
s-DSC01025.jpg
やはり今回も耐久性&トラブル防止でオートチャージャー取り付けましょう。
こちらはキックオンリーのちびバッテリーからソフテイルバッテリーまでの1A充電器。
説明はちょっと前のブログをご覧下さい。
お値段8800円。
気になる方はご連絡くださーーい。
ってわけで完成です。
s-DSC00924.jpg

s-DSC00926.jpg

s-DSC00936.jpg

s-DSC00941.jpg
どうです。
なかなか良いでしょう☆
キックオンリーだけがチョッパーじゃないですよ~。
便利なパーツを格好良くつける!
ってのもなかなかカッコいいんじゃないでしょうか?
まだまだ各部点検、調整が残っていますが
今日はこの辺で。。
乞うご期待☆