カスタムを進めてます。
ショベリジ(男前)のスペシャルパーツが届きましたのでまずはご紹介。
s-DSC09172.jpg
Teckcycles Isolator Electric Start Kitです。
スタイルを崩す事無くセルモーターが組み込めるスペシャルパーツです。
モーターは1.4KWハイトルクモーターで耐久性&始動性UPです。
s-DSC00172.jpg
クラッチはCyclone Belt Driversを使用します。
コチラも耐久性を重視し2Inを選択しました。
では仮組みを始めましょ~。
s-DSC09130.jpg
セル対応の大きなバッテリーを使用するためオイルタンクを交換します。
無加工ではセルモーターに干渉してダメなのでバッテリーBOXを加工します。
まずは切断してオイルタンクのSET UP。
s-DSC09127.jpg
その他のマウントはボルトオンで取り付けられましたが・・・
うーーーーん、これではちょっとブサイクですね~。
s-DSC09134.jpg
ってわけで上へオフセット。
フレームのラインに合わせてオフセットして合格です。
オイルタンクが下がってるとなんか胃もたれしているみたいで気持ち悪いんです。
s-DSC09137.jpg
クラッチリリースアーム、こちらもセルモーターに干渉して調整できませんので加工です。
(なかなかどうしてボルトオンで「ポン」ってわけにはいかないですね~)
s-DSC09151.jpg

s-DSC09153.jpg
加工終了。
後はビート面消して磨いてメッキに出しましょ~。

でお次は切断したバッテリーBOXをバッテリーがフレームから飛び出ないギリギリの淵を狙って作り直して終了です。
今後このスペシャルパーツ達はペイントの旅へと出発します。
(注)以下時間を短縮してお伝えします。。
s-DSC00175.jpg
ってわけでペイント上がってきました。
ブラックパウダーコート、黒光りしてます☆
それでは本組みに参りましょ~。
この模様は次回お伝えしまーーす!