前回の続きです。
4SPトランスミッションのO/Hの模様です。
またまた一気にお伝え致します。
s-DSC09220.jpg
ケースはモチロンガラスビーズブラストです。
仕上がりはもう言うまでもありませんね~。
s-DSC09261.jpg
全バラ状態!
交換パーツはメインシャフト、メインドライブギア、シフタークラッチ、ラチェットギア、ボルト、シール、B/G類etc...
キックカバーとシフターカバーはピカピカポリッシュ仕様です。
ではサクサク始めましょ~。
s-DSC09266.jpg
まずはメインドライブギアのニードルB/Gの圧入です。
s-DSC09280.jpg
続いて右側。
ボールB/Gをハウジングに圧入します。
s-DSC09283.jpg
でまたまた新品のメインシャフトに組み込みます。
規定トルクでしっかりと。
s-DSC09288.jpg
ジャジャジャーーン。
メインシャフト組み上がりました~。
ここもクリアランス保つ所がありますので気を付けましょーー。
s-DSC09291.jpg
でお次はカウンターシャフトです。
右がシムです。
0.004INずつシムが出てます。
ここももちろん隙間保ってシックネスゲージで調整していきます。
s-DSC09300.jpg
でお次はロータリートップにいきましょ~。
S/P、ボルト類その他、シフターレバーは全体的に状態が悪かったのでASSYで交換です。
ビシッと組み込み、作動チェック、ニュートラル、S/T導通チェックして終了です。
s-DSC09329.jpg
ではシフターフォークの組み込みに入りましょ~。
s-DSC09331.jpg
カウンターシャフト側のフォークは摩耗が激しかった為アンドリュース製に交換します。
s-DSC09334.jpg
ジグを使用してフォークのセンター出しをやっていきます。
ここもシムを入れたり外したりしてメインシャフト、カウンターシャフトとの距離を調整していきます。
ここが調整出来てないと楽にシフティングできないなんて事にもなり兼ねませんのでしっかり調整しましょ~。
s-DSC09788.jpg
シールを打ち込んで漏れやすいところはしっかりコーキングしてディオシールナットでふたしましょ~。
続いてキック周りの組み込みに入りましょ~。
ラチェットギアASSY、かなりギア同士の削れがありましたので新品に交換します。
ここはギアの頭を少し斜めに削って組み込みます。
この加工をする事によってクランクギアのかじりを防止します。
長い事元気に動いてもらうためにちょっとした加工は必要ですね~。
ではトルクをかけて終了です。
ここも締めすぎ厳禁ですよ~。
ここをバカ締めしすぎて溝が潰れている車輌を何台か見た事があります。
規定トルクでしっかりと!
ではクランクギア、キックカバー組み込んで終了。
といかないのが旧い車輌。
カバーがうまく入りません。
ここは抵抗なくスポット入れたいところなのですが。。
s-DSC09792.jpg
スタッドの状態もボチボチなので交換致しましょ~。
スタッドはコロニーです。
6本は問題なく交換できたのですが、残り3本はネジ山死んでます。。
ここが原因だったみたいです。
s-DSC09798.jpg
こういう場合はヘリサードというコイルでネジ山を再生します。
下穴開けてベースネジを切ってそこにコイルをねじ込んでいき、タグをおって終了です。
s-DSC09806.jpg
ばっちり再生できました。
ここのポイントはいかに垂直に穴を開けタップをたてることです。
斜めにやっちゃうとスタッドも斜めにたちますってことは。。
元も子もありませんね~。
キックカバースポットで組めました。
あとはクランキングしてチェック、チェック。
う~、またまた問題発生です。
うまいことクランキングできません(涙)
元々このFLHアメリカから入ってきた時もキックは組み込まれていましたが、キック抜けが激しく使用不可能状態でした。
ラチェットギア同士のすべりが原因だと思ってましたがそれだけではなさそうです。
メインシャフト、クランクギア、その他の長さ、厚み、キー、溝の間隔等は測定済みで組み込んでおりますので問題なし。
在庫のあった別のキックカバーで試してみましたが、状態変わらず。
どうもクランクギアとラチェットギアの位置関係が悪いようです。
色々測定した結果、G/Kを何枚か重ねてシリコンで固めて1.5mm位カバーを外に出して組み込んで対処しました。
もちろん作動チェックし、すべりひっかかりもなく、無事クランキング出来るようになりました。
79FLH、元々ノーマルではセルオンリー車です。
通常はボルトオンでキックが組めるのですがケースの制度の問題でしょうか?
79年とはハーレーでもあまりいい年では無いと聞いております。
メーカー生産時サイドカバーとの合わせ面を余計に面研しすぎちゃって、しかもセルオンリー車なので何ら不具合なく出荷されちゃったんじゃないかなぁ。なんて定かではありませんが。。
s-DSC09822.jpg
ジャジャジャーーン。
とまあイロイロ試行錯誤しながら一台のトランスミッション完成です!
s-CA3A0085.jpg
そうこうやってたらオーナーが見学にきてくれました~。
でまたまたお土産頂きました~。
50cmオーバーのカンパチとぶりです!
すごいでしょ~。このサイズ!
超みがしまってておいしそうです。
帰って早速、刺身にて、カマ焼きに、ブリ大根、それとあら汁・・・
本当にありがとうございます。
ではではいただきまーーす!!

では次回は配線、ブレーキ周りと進んでナンバー取得へと参りたいです。
乞うご期待☆