去年から修理をしていました超キカン子(言う事を聞かない子と言う意味の恐らく小倉弁)の76ショベル君(中々途中経過をお伝えできずにスミマセン)がやっと完全復活いたしましたのでその模様をお伝えします!(今は超いい子)
というわけで今までの途中経過でっす。。
前回はオイルポンプ周り、シリンダーまでくみ上げたところまでお伝えしましたよね??
お次は
a5c7659a.jpg

ブリーザーギアのシム調整です。。
シム入れて差し金当ててその隙間を計ってそれからガスケットの厚みを引いて適正のクリアランスを出していきます。
ココがダメだと走行中ブリーザーから常にオイルをはいて気がつけばオイル空っぽなーーんてコワーーイことにもなりますよ~~。
44179bf5.jpg

でまたまた悪いところ。
オルタネーターのステーターコイルの配線。
皮が破れて中の導線もプチプチと。。
充電系に支障が出るのは当然のこと。
そうじゃなくてもアイドリング・走りも不安定になったりもします。
良き電気を流さなければ良き走りもできないってことですね~。
a835a9e8.jpg

ビシッと組み込み終了。
以前持ち込まれた車両でここの組みつけが悪くてオルタネーターが破損し、更にその破片がシールを破ってエンジンが吸い込んじゃって結局フルオーバーホールになった車両もありました~~。。
増し締め点検しにくいところなので確実に組み込みしましょ~、いやします!
6ce3021c.jpg

ヘッドを組み込みこれまたビシッと終了。
(もう大丈夫だよね??)
b082f757.jpg

あなたは黒派?それともシルバー派?
ではフレームに組みつけ調整に入ります。
b92ab15c.jpg

何十年間のヨゴレでしょ~。
というわけで今しかできないのでキレイにお掃除してから組み込みます。
じゃあ組み込みも終わったところでいざ調整です!
ココから時間を短縮してお伝えします。
約2ヶ月、夜な夜なテストを繰り返してキャブ、タペット等の不良発覚、交換修理して走行約700KM。よーーーうやくこのショベル君絶好調になりました。
まあイロイロと不具合が続いたエンジンというのと、オーナーは岡山在住の方。
慣らしが終われば調整も変わるってのはエンジンとして当然のこと。
「慣らしが終わりましたら再調整に持ってきてくださいね~」
なーーんてのも現実的に難しいことなのでできる限りトッポジョージMCで慣らしをしました。
6da43a8f.jpg

いやぁ、カムギアの圧入のズレから始まりオイルポンプの不良、その他イロイロなトラブルがあり結局エンジンフルオーバーホール(話せば長くなるので過去ログをご覧くださいませませ)
初めから全部やってればなぁぁぁ、なーーんて思ったりもしたこともありましたが、絶好調になってくれたので結果オーライってことで終了と致します!
次回はいよいよ納車編。
というか「陸送屋さんにお願いして岡山までの旅」をお伝えします!
乞うご期待☆

追伸:オーナー様へ
数々のトラブルがあり予想以上の修理になりましたが只今車両は絶好調です。
イロイロなシュチュエーションでテスト走行を繰り返してきましたが上走っても下走っても気持ちのいい走りをしていますよ☆
車両が届くのを楽しみにしていてくださいね♪
それからあと300KM位は慣らし走行をお願いします。