というわけで、ヘッドのガイドの打ち換えが終わり男前をサクサク仕上げていきます。
とその前にヘッドロッカー周りをオイルストーンで面研していきます。

s-DSC04596.jpg

a97dc2fe.jpg

ロッカーカバーは八の字を描くように、ヘッド面は円を描くようにオイルをつけて「キューコキューコ」と地味~にとぎ続けます。。
怪談に登場する包丁とぎババアのように。(そんな名前か分かりませんが)
地味な作業ですがこういう細かいことを怠ればあとで余計に大変です。
ヘッドボルトはアクスルシャフトと同じくらいのトルクで締め込みをしますのでバラスと必ず微妙に歪が出ますからね。
とぎ終わったらシリンダー面も面研します。
オイルラインは異物が入らないように注意しながら。

2dd674e1.jpg

お次はヘッドボルトを点検し、OKならばダイスで目立てをしていきます。これまた地味だけど重要。ヘッド組み込み時の作業効率がUPするだけじゃなくしっかりとした組み込みが出来ない時もありますからねじっくりと。

dbd8f269.jpg

面研終了、特殊シール打ち込みヘッド周りを組み込みます。

291e6c35.jpg

組み込み終了。
毎度のこと一発目のエンジンをかけるときはウキウキしますね~。
今回は安心ドコドコプランということなのでEキャブからSUへ交換です。

明日は定休日。明後日から試乗の嵐へと進みます。