トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

前回芯出しまで終了した82FXS!

サクサクケースに組んで行きましょって訳で作業初めて速攻(w汗)
IMG_20190507_140453
マジか~

オイルポンプをケースに仮組するだけでシャフト抵抗かかって回り鈍くなります。

これトルクも全然かけて無い状態です。

このまま組み込むと確実に手では回らなくなります。
IMG_20190507_144331
って訳でポンプボディーを微加工します。

今回S&Sポンプに交換しての不具合ですがこれポンプが悪いのでは無く

クランクケースの問題です。

SSポンプは加工した部分も純正より気持ちタイトに作られています。

そこを純正と同じにしてやるって訳です。

まぁなんて事無い微加工ですが組んでばらしてでめんどくさいのよ!
IMG_20190323_192956
それでも駄目な場合はこれ↑やらないとダメだと思います。

今回はクリアランスも良好でここやっていませんが目立つ楕円や削れも

無かったのでこの加工だけで回避出来ると思います。
IMG_20190507_160859
って訳で規定トルクで組み込み抵抗無くクルクル回る様になりました~

ショベルのポンプはノック等の位置決めは無くセンター出しながらの

組み込みが必見です。

ここ中々細かくてギヤの突き出し量とかG/Kの厚み&規定トルクで

締めこんだ時の潰れ量(G/K)とかもマニュアルに記載あります!

なんでトルク管理は絶対!

増し締めすらNGとされてます。

真面目にこれ適当に組むとギヤ回らなくなりますぜ(汗)

アルミポンプはSSが優秀なのでやりませんが鉄チンポンプ等で

良いの見つからないときはポンプボディーを面研して突き出し等

調整したりします☆
IMG_20190507_154914
オイルポンプはこのギヤとギヤの間にオイルが狭まれる事で勢い良く

オイルが送られる仕組みです。

これはギヤとボディーにも同じ事が言えます。

なんで傷付いたボディーは修理不可って訳です。
IMG_20190507_161304

IMG_20190507_161924
んでコレ↑その上を行くハイボリュームポンプ★

ギヤの厚みと丁数で油量を調整してるんですね!

って事でちょっとシビアなオイルポンプのお話でした~














 

IMG_20190506_111933


IMG_20190506_111942

IMG_20190506_111956

IMG_20190506_112849
よし!

TOPPERレスポンス上げよ〜


にしても汚れ凄いから浸け置き


無段階変速プーリー★


因みにでかいスプリングは後ろの


プーリー用!

大体の変速方法は今のスクーターと

同じだね!

 

IMG_20190502_193138
最近ガレージにレンガ等張ったりでかなり良い感じになったRSDビレッジ☆

お客さん達数台で行って来ました~
IMG_20190502_193239
トッポジョージは点検がてらFOR SALE中の51PAN HEADで☆

ここ宿泊の方はこのガレージにバイク入れて愛車と共にお酒飲めますよ!
IMG_20190502_185218
トッポジョージも宿泊ですので早速失礼して。。

これ泊りでしか出来ない醍醐味です★

この環境凄く良いです!

愛車をつまみにって奴です☆
IMG_20190502_194503
んで喫茶トエムのマスターも合流しまして。。
IMG_20190502_212043

IMG_20190502_225538

IMG_20190502_222156
やっぱり夜の三崎に繰り出しましたよ!

今回夕方18時位にお店に集合4台で三浦半島流して三崎に行きました★

段々日が暮れて来て空がオレンジから赤に変わり真面目に赤富士見れました☆

写真撮って無くてすみません。。

赤く染まった三浦半島の長い登坂をハーレーで駆け登って行くのは最高でしたね!

マジでバイクって気持ち良いな~ってなりました~

皆さんも三浦半島泊りツーリングなんてしてみてはいかがしょうか!!
IMG_20190503_091411
んで朝!

トッポジョージはお店開けないとなんで一足先に三崎から出勤!

因みSALE中のこの51PAN HEAD!

この子もシャキシャキ走りますぜ★

ご興味ある方はお気軽にご連絡下さ~い!!

では



 

↑このページのトップヘ