トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

トッポジョージMCに新たなお仲間が増えました~

まぁ先月の事なのですがね。。
IMG_20200415_115402 (8)

IMG_20200415_120344 (4)
何時も思うのですが重機を運ぶ運送屋さんの工具は面白いですね。

狭い工場なので当然ユニックもフォークも入らないのでこんな道具使って

何トンもある機械を人力で搬入して行きます!
IMG_20200415_144606 (7)
って訳で設置終了です。

この子は2014年式のWASINO旋盤★
IMG_20200415_173325_166 (8)
んでこちらは2006年式のKENT平面研削盤☆
IMG_20200414_184725 (8)
因みに今迄あった乾式の平研は別の工場に嫁ぎました~
IMG_20200520_134756_837

IMG_20200520_132335_248

IMG_20200520_125524
って訳で早速メンテナンス!

精密機械は絶対水平なんで両機共レベル出します。

んでチョコチョコ作業して無事動かせる様になりました。
IMG_20200522_084721

IMG_20200518_163659 (1)

IMG_20200520_134756_966
まぁ配線何処に何を繋いで良いか一瞬迷ったり台座のまんじゅう一個無くて困ったら

地下第2工場(笑)に転がってた~



って訳で試運転で~す★

この研削盤Z軸の懐かなりあるので大物ワークも行けますゼ☆

まぁ研摩はあれなんで先ずはワシノさんテストカットしてみました~
IMG_20200520_192309_399
削った感じは流石だね~

当然ポジションもレバーの位置も全て違うのでテンポ良くの操作はまだ無理だけどね。。

コレはガシガシ削ってお友達になるしかだね~

まぁ逆言えば今迄のTONGIL旋盤君とこれ位の丸棒をテストした感じだけでは

精度も含めて大差無いんだけどね。。

でもねこのWASINOさんはTONGIL君より一回り大きいのね。

大は小を兼ねるってのは機械では絶対だと思うので当然ワークサイズの

幅も広がりますわな★

後ね機械がデカってだけで剛性も増すわけね!

その辺も難しいワークを加工する時なんかは利点が発揮すんじゃ無いかと期待してま~す☆

まぁ何にせよ高剛性をうたってる日本のトップブランドの旋盤ですので必ず良いお仕事

してくれますゼ★
IMG_20200522_094552
それともう一つ!

TONGIL君はネジ切りする時こんな換え歯車をピッチによって交換して

遣らないとダメなんです。

まぁめんどくさがり屋のトッポジョージにとってはコレは中々煩わしいのよ(汗)

その都度バックラッシュなんかも調整しないと駄目だし。。
IMG_20200522_094703

IMG_20200522_094710
それがWASINOちゃんはこのレバーの切り替えだけで設定出来るっぽい!

これは良いね~

でもね。。
IMG_20200415_144606 (7)
手前のこの子は2014年式の国産なのね。
IMG_20200520_125424
んで後ろの子は2000年式の外国産ね!

後ろの子に出来る機能があって前の子には出来ない機能があったり

するのよ!

メーカーにオーナー登録がてらオプション無いか聞いてみたけど昔はあったが

今は無いですって~~

トッポジョージ的旋盤の必須機能だったのに~

って訳で行き成り改造したくなって来た(マジ)

構想は練れましたがまぁめんどくさそうなので本当に無くて困ったら考えます。

って訳でWASINOちゃんの利点掴んだら用途に合わせて機械使い分けして行きます~

んで昨日ブラスト行員坂川君が外装お掃除してくれました~

油汚れ落ちて超綺麗にしてくれて有賀と~
IMG_20200521_183332
あ~

この青いカバー!

クロームにしたくなって来た!!

次回は研磨モードでのお伝えになるかもで~す★

では効ご期待下さ~い!








IMG_20181227_102156
販売していました47ナックルの商談が決まりました☆

沢山のお問合せ有難う御座います。

ナックルの販売車両かなり減少して来てると思いますので少しアメリカ等の

状況見てみましたが球はまだある感じでした!

今回ご縁が無かった方も探せば見つかる可能性ありますので是非ご相談下さい★
IMG_20200517_100933 (2)

IMG_20200517_100946
んで残る販売車両はこの子だね~
IMG_20200517_101034
1951 PAN HEAD CHOPPER

車両価格¥2400000+tax(2640000)

こちらはFLなんで排気量1200ですゼ★

このCHOPPERポジション良く小振りで軽快に走れるので

トッポジョージ的にも好きな車両です。

この子も是非お問合せ下さ~い☆
s-004
って訳でトッポジョージMCはPANHEADにもかなり力入れてますゼ~★

ではまた~~









今回の議題はこれ↓
IMG_20200512_164829_362
オーバーホール中の1948PANのクランクケース(汗)

これ写真無いけど元々溶接修理されていたエンジンマウント!

綺麗に処理されていましたがケース分解して細かく見るとやはりクラックやらが見てます。

恐らく過去にクラック入って外から溶接修理したのでしょう!

この鋳物ってのは金属の密度が低く中々外周だけ溶接しても強度は保てません。

まぁクランク非分解時ならこうするしか無いのですが今回は全バラ完全修理☆

きっぱり切り取って肉盛り溶接で治しましょう~
IMG_20200512_160309
って訳で肉盛り終了~

何かハチの巣みたいだね~

流石にこんだけの肉盛りだと一回では出来ませんので数回に分けて

溶接しました★
IMG_20200512_164829_361

IMG_20200512_171747
因みにこのアルミの肉盛りは鉄等と比べると本当熱いです(汗)

溶接のお面の調整も変えてやりました~

んでグローブも厚手の奴じゃないと一回のビート引けません。。

次回は溶接部を形成して行きます。

これ見た目の部分はサンダー等でやりますがココの部品の真の役目は

当然エンジンマウントです!

あの超重いエンジンを支えてる部分です。

お世辞にの丈夫とは言い難い当時の鋳物(W汗)

当然面が出て無ければ後の祭りです。。

治具等使って機械加工して行きますゼ★

まぁどっちかと言うとこっちの方が悩むんだよね~

ではでは乞うご期待で~す☆





↑このページのトップヘ