トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

IMG_20190528_111327
製作していますパンヘッド用のサーキットギヤ!

歯研から上がって来ました~

因みに歯研ってのは歯車専用の研磨の事ね!

ブランク(鉄の塊)からギヤを削り出して焼き入れしたり軸受け作ったり

したのを最終仕上がり寸法に石で削って仕上げる工程です。

当然焼き入れはかなりの温度で金属を焼くので変形もします。

焼の入った金属は一般的な刃物では硬くて削れないので最終研磨仕上げするんです★
IMG_20190528_141321
って訳で点検います(汗)

それはもう沢山失敗して来ましたのでこの瞬間汗です。
IMG_20190427_123747
ズレないブレない製作工程を煮詰めての今です。

工程には間違いは無いと思っていますが割り出した寸法が合っているか??

この辺はやはり実際組んで点検してみないと答えは出ませんね(W汗)

 って訳で実動点検だ~

別のギヤと比較動画撮って見ました~

ヤバい★

超理想的な動き!

滑る様な動きです☆

それは大げさか(笑)

でも超気持ち良い~

まぁかなり地味な動画で...

でしょうが。。

このギヤ製作!

最初は手探り状態で始めましたが漸くココまで持って行く事が出来ました。

ロッカーアームだなんだって色々拘って修理してもこのギヤ自体のバックラッシュが

多ければそれはかなりノイズの多いいE/Gになります。

大体ココが駄目だとジャーって感じのノイズが出ますね(汗)

んでギヤ同士のガタ多いといくら軸受けのブッシュを整えても

ノイズは消えませんよ(W汗)
IMG_20190424_141621
今回のギヤ製作★

真面目に初めは上手く行きまんでした。

まぁ沢山失敗したって訳です。

そのお陰でギヤの製作工程は勿論ギヤの種類やら材料やら焼き入れやらも

勉強する事が出来ました。

んでんで今回純正やら社外品とかも含めココのギヤを色々点検しました。

ピーナッツモデルのギヤはアーリーのが一番良く出来ている感じでした!

やはりメーカーも対策を続けてこのモデルの最終型にいたったのでしょね★

以前はアメリカとかで純正ギヤをかき集めて良いのを探してましたが

それはくじを引く様な物でした。

当然古い中古のギヤなのでサイズも状態もまちまちですから(汗)

って訳でこのギヤ作ろうって思いたった訳で~す☆

因みにメカノイズって簡単に言えば打音です。

それは機械にとって良い事は無いですね。

まぁ何十年も前の古いオートバイなんで仕方ない所もありますが。。

まぁこれ色々言うのは止めときます。。。

にしてもオートバイは奥が深いな~

工業製品の塊が連結して動いてるんだからね!

って訳で少しだけレベルUPしたトッポジョージでした~

アーリーまでのピーナッツモデルでココ気になる方いましたらお気軽に

連絡ください。

んで実際動き見たい方は是非お店に遊びに来て下さ~い★

では~





IMG_20190520_160537


バランス取りは超やり易かったこのアーリークランク☆

芯出しはまぁ何時もと変わらんソコソコ時間掛かりました~

安定の0.013㎜

この3μⅿの壁は中々難しいね!

因みにマニュアル値は0.025㎜だよ!

IMG_20190518_171610
この治具もう少し加工したろ!
IMG_20190523_122056

IMG_20190522_124622
んで色々とデーター取り★

大体頭の中が完成して来たので。。

にしてもこの治具穴ドンドン増えて行くな~
IMG_20190523_123842
ブッシュ抜き取り★

ココのブッシングは回転防止のダウエルピンが打ち込まれています。

そのままブッシングをプーラーで抜き取るとピンの力でカバーにクラック

入る時あります(汗)

なんで面倒でもフライスでピンの一部を削り落としからプーラーで外します。
IMG_20190523_133923
こんな感じね☆

コレでピンが強く撃ち込まれている場合でも逃げ道が内側にあるので

カバーを痛める事は無いって訳ね★
IMG_20190523_131714 (2)

IMG_20190523_135949
無事カバー無傷で抜き取りました~

パンナックル等のピーナッツカバーはまだ外周肉厚ありましですが

コーンショベル等のピニオンブッシングなんかは肉厚薄い所にピン撃ち込まれて

いますので何も遣らずにプーラーで抜くと中々危険な時もあります(汗)
IMG_20190523_140245 (2)
んなピーナッツでもクラック入ってしまってた子(涙)

溶接して埋めます。

そんな場合はこの穴のボーリングも必要になります(W汗)

このブッシュ抜き取りの下準備ルーター等で削っても良いですがそっちの方が面倒なので

機械で削ります。

なんて事無い作業ですが結構ギリギリまで削らないとピンに到達しないので

慎重にやりましょ!

見ての通りカバーとブッシングの間にピン打ってますからね。

まぁそうしないとピンの意味が無いから当然なんですがね。。

って訳でお次は実際使うブッシング削りましょ~

って事ですが続きままた後日!

因みにこのカムカバーはアーリーショベルです。

今回は耐久性やらUPすべくケース側はノーマルとはちと違うやり方で

仕上げる予定です☆

ではではこうご期待で~す★





 

↑このページのトップヘ