トッポジョージの日常

トッポジョージMCは、横須賀三崎街道(26号線)沿いにある、ハーレーカスタムショップです。オートバイのことはもちろん、その他日々の印象的な出来事をお伝えできたらと思います。(店舗所在地:神奈川県横須賀市武1-28-16 電話:046-854-4624 メール:toppogeorge.choppers[半角@]gmail.com)

IMG_20190518_171610
この治具もう少し加工したろ!
IMG_20190523_122056

IMG_20190522_124622
んで色々とデーター取り★

大体頭の中が完成して来たので。。

にしてもこの治具穴ドンドン増えて行くな~
IMG_20190523_123842
ブッシュ抜き取り★

ココのブッシングは回転防止のダウエルピンが打ち込まれています。

そのままブッシングをプーラーで抜き取るとピンの力でカバーにクラック

入る時あります(汗)

なんで面倒でもフライスでピンの一部を削り落としからプーラーで外します。
IMG_20190523_133923
こんな感じね☆

コレでピンが強く撃ち込まれている場合でも逃げ道が内側にあるので

カバーを痛める事は無いって訳ね★
IMG_20190523_131714 (2)

IMG_20190523_135949
無事カバー無傷で抜き取りました~

パンナックル等のピーナッツカバーはまだ外周肉厚ありましですが

コーンショベル等のピニオンブッシングなんかは肉厚薄い所にピン撃ち込まれて

いますので何も遣らずにプーラーで抜くと中々危険な時もあります(汗)
IMG_20190523_140245 (2)
んなピーナッツでもクラック入ってしまってた子(涙)

溶接して埋めます。

そんな場合はこの穴のボーリングも必要になります(W汗)

ルーター等で削っても良いですがそっちの方が面倒なので機械で削ります。

なんて事無い作業ですが結構ギリギリまで削らないとピンに到達しないので

慎重にやりましょ!

見ての通りカバーとブッシングの間にピン打ってますからね。

まぁそうしないとピンの意味が無いから当然なんですがね。。

って訳でお次は実際使うブッシング削りましょ~

って事ですが続きままた後日!

因みにこのカムカバーはアーリーショベルです。

今回は耐久性やらUPすべくケース側はノーマルとはちと違うやり方で

仕上げる予定です☆

ではではこうご期待で~す★





 

3月25日(土)子供の運動会

27.(月)学校代休(家族サービス)


の為お店お休みします。 


ご迷惑お掛けします。


よって29日(水)は定休日ですが16時迄は

お店に出て作業します。

まぁ昨日も出てましたが😅

宜しくお願い致します。

続々とハーレーに対しての質問が入って来ているプロアンサードットコム

その中で面白い質問があり改めてキック時のタイミングを考えて見ました~ 
https://pro-answer.com/question/1746/

その内容はダイナSのタイマープレート内での点火時期から始まりキック時の

タイミングになんですが。。

まぁ点火時期の調整等のタイマープレート(ポイント等のプレートね)内での

決まった位置はシステム自体の個体さがあり過ぎて個々でクランクタイミング

で合わせるしかって結論になったのですが面白いのはキックを踏むタイミングの質問!

まぁキック始動なんかはやり方10人十色でサクッと掛かれば正解☆

って思っていましたが今回改めて考えてみました。

これ考えると凄く面白ろくてトッポジョージの日常でも語ってみたいと思います。

そもそもトッポジョージのキックポイントはあまりキックがガチガチな所では踏みません。

まぁ当然圧縮の無いスカスカの所でも踏みませんがね。

余りペダルがガチガチ過ぎるな所では無く圧縮を保ちつつ気持ちフワッとした所

または弾力のある様な部分がポイントです。

それを空キックを含めて探って掛けるって訳!

って事で今回そのタイミングを組み立て中のクランクで検証してみたいと思いま~す★
IMG_20190514_094157
先ずはココ↑

トッポジョージがキックを踏み始める場所!

圧縮はあるけどガチガチでは無い所ね。

この∞マークはRの点火タイミングマークです。

因みにFロッド(ピストン)は下死点から少し上がりこれから圧縮して行くぞ~って所
IMG_20190514_094216
んでクランクが1/8程進むとF点火時期が出てきます。

この時点で進角時、火花を飛ばしてやろうって場所です。
IMG_20190514_094237
んでんでさらにまた1/8程進むとFの圧縮上死点に達する訳です。

合計で1/4進むって訳ですね。

始動時のキックペダルの動きは大体ペダルが水平かそのチョイ上位から踏みますので

この時のクランクの動きは大体1/4~3/8程度です。
(足の感覚なのでこの程度の誤差はアリアリです)


結果R点火時期(∞)付近でキックを踏み始めるとキック範囲内で


理想とされるF点火時期を通過すると言う事が物理的にわかります。


結論からするとR点火時期付近でキックを踏み始めることで僅か1/4程度の

クランキングでも重要なFの圧縮 点火 爆発工程が行われ結果効率よく

E/Gが掛かるって事です★


って訳で動画も上げてみました。

少しオーバーアクションですが(笑)

大体この時点でタイミングマークやピストン位置は先程の

キックスタート位置付近に来ているはずです。

この始動方法は飽くまで冷間時等の初めの方法です。

再スタート時何かは圧縮が上がってますので少しけり方変わります。

因みにチョーク スロッル開度等の操作はキャブレターの種類で異なります。。

まぁ直接トッポジョージに聞いてください。

負圧だとどれ位 固定ベンチョリーだとこれ位ってのはお話し出来ます。

ココからは妄想 暴走(笑)話にもなっちゃうかもですが気持ちフワッとする部分!

この場所で踏むのはRの動力を利用しているってのは前々から思っていました。

簡単に言うとRが圧縮上死点から下降るす力を借りてグルんっと回る感じね!

後は特に同時点火の車両は点火時期こそ各シリンダー毎に異なりますが火花は常に

両方飛んでます。

んな時にR点火タイミングでキックを踏みだす事でケッチンとは話にならない位の

小さな爆発がポコって起こりクランクをさらに押してんじゃ無いかとか。

それは線香花火の位の爆発かクラッカー位は分かりませんがほんの僅かな爆発が

Rでも起きてFをプッシュしてんじゃ無いかとか(笑)

混合気は当然行ってますしタイミング火花も揃ってる訳ですから!

またまた暴走し始めてので今日はこの辺で止めときますが朝一の掛かり悪いな~

なんて思ったらこの方法試してみて下さ~い★

んで皆さんも何か疑問ありましたらプロアンサーにも

質問投げてみて下さい。

トッポジョージも回答するかもですぜ!

では★

↑このページのトップヘ